その鮮烈な才能に世界が注目! 映画監督ニコラス・レフン

2017.01.09 11:48 Vol.682

  • リンクを取得
 ライアン・ゴズリング主演の『ドライヴ』では、究極の映像美を持つバイオレンス映画として絶賛され、カンヌ国際映画祭監督賞を獲得したニコラス・ウィンディング・レフン監督。その待望の最新作『ネオン・デーモン』がついに日本で公開。2つの顔を持つ男のスリリングな日常を描いた前作から一転、今回は16歳の少女を主人公に、美と欲望が渦巻くファッションモデルたちの世界を描く。

「どんな男の中にも16歳の少女が住んでると僕は思ってるんだ。僕の中の少女を思い描いたところ、こういう作品になった(笑)」

 主人公ジェシー役を演じるのは若手人気女優のエル・ファニング。ピュアで明るい印象の彼女が、己の美を自覚し、ダークサイドに目覚めていく様を演じ切っているのも見どころだ。

「優れた俳優が皆そうであるように、エルもまたダークサイドも持ち合わせている女優だ(笑)。これまではイノセントな役が多かったけど、今後はどんどん役幅を広げていくだろうね。彼女自身はすごくユニーク。人間の中に紛れ込んだエイリアンのような異質な存在だね(笑)」

 そんなジェシーの放つ“異質”な美が物語を狂わせていく。

「この作品は、美に対する批判を込めたものでは無いんだ。世間は、大事なのは内面だとか、美なんて大したものじゃないとか言うけれど、実際はそんなことないよね。僕自身、美へのこだわりはハンパなくあるし(笑)。創造には底なしの可能性があって、我々はなんとかそれをとらえようとし続ける。人はどうしても美しさを追求したくなるものなんだ。今の時代、なおのことそうじゃないかな。SNSなどによって自分のことが、人に裁かれ定義づけられてしまうんだから」

 知ってはいけない美しさに束の間、溺れてみるのも悪くない。


©2016, Space Rocket, Gaumont, Wild Bunch
©2016, Space Rocket, Gaumont, Wild Bunch
『ネオン・デーモン』

監督:ニコラス・ウィンディング・レフン  出演:エル・ファニング他/ギャガ配給/1月13日(金)より TOHOシネマズ 六本木ヒルズ他にて公開  http://gaga.ne.jp/neondemon

関連記事一覧

INTERVIEWの最新記事一覧