子供鉅人「下北沢演劇祭」ならではの暴挙!? 本多劇場に115人の出演者を上げる

2017.01.22 13:24 Vol.683

  • リンクを取得
「下北沢演劇祭」に参加する子供鉅人は今回『マクベス』で本多劇場に初進出するのだが、「“本多劇場初”なことをやってみようということで、本多劇場の舞台に100人の出演者を上げることにしました」と言うのは主宰の益山貴司。

 これまでの最多が2003年の流山児★事務所『書を捨てよ、街へ出よう』の54人とのことなので軽くオーバー。

「HPなどでは114人になっていますが、最近、高知からどうしても出たいという人が来まして、115人になりました。そのうち劇団員は10人。年齢は18~69歳。60代以上が4人いて、さいたまゴールドシアターに出ていた方もいらっしゃいます。お金がある商業演劇とか、公共ホールが税金を使って市民劇に100人出演させるというのは、まああるじゃないですか。そうじゃない全く金がない小劇場のチームがそれをするということにちょっと誇りを感じています」

 100人をどう使う?

「メインの役は劇団員なんですが、台詞を割って、できるだけアンサンブルの方にも台詞を言ってもらうようにはしています。群集劇ですから、ガヤとメインというよりも、その100人もちゃんと意識を持った存在として舞台に上がるようにしようと思っています」

 とはいえ、そんな話題性ばかりに走った作品というわけでもない。『マクベス』は劇中では何度も「男らしさ」や「女らしさ」といったことが言及されるのだが、今回はマクベスを女優の億なつき、マクベス夫人を男優の益山寛司と男女を入れ替え配役。それによって「らしさ」というものの本質に迫っていく。

「弟の益山寛司はずっと女形をやっているんですが、彼にマクベス夫人をやらせたいという思いがずっとありました」

 益山寛司という女形がいてこその、まさに子供鉅人“らしい”作品。

「100人を舞台に上げるというのは最初はけれんだけだったんですが、とはいえあれだけの作品ですし、やる以上は上演する意味なんかも問われてくる。楽しいだけのわちゃわちゃしたエンターテインメントだけにはしたくない。そうじゃない子供鉅人の側面を見せたいと思っていて、現代社会の世相といったものをうまく取り込むことができないかとずっと考えていたんですが、ある時、新宿の街である風景に出くわした時に僕のそういう思い、マクベス、そして100人の出演者といったいろいろなピースがひとつになった。今は必然性のある100人の出演者だと思っています」

 すでに土曜のマチネに追加公演も決定。作品の面白さはもちろんなのだが、とにかく115人をどう切り回すのかといった別の楽しみもある。必見の作品。


劇団子供鉅人『マクベス』
【日時】2月10日(金)~12日(日)(開演は金19時、土14時/19時、日14時。開場は開演30分前。受付開始は開演1時間前)
【会場】本多劇場(下北沢)
【料金】全席指定 前売4000円、当日4500円/学生2500円/高校生以下1000円
【問い合わせ】劇団子供鉅人( contact@kodomokyojin.com 〔HP〕 http://www.kodomokyojin.com/
【作】ウイリアム・シェイクスピア
【演出】益山貴司
【出演】益山寛司、キキ花香、影山徹、億なつき、ミネユキ、山西竜矢、益山U☆G、古野陽大、うらじぬの、益山貴司 他100名
第27回下北沢演劇祭参加作品
春風亭昇太プロデュース「下北沢演芸祭2017」
2月1日(水)~7日(火)下北沢・本多劇場


 今年で第27回を迎える「下北沢演劇祭2017」(2月1日~28日)の参加作品として上演される「下北沢演芸祭2017」。「下北沢演劇祭」は、演劇の街下北沢が毎年2月の1カ月間に行う演劇の祭典で、本多劇場、ザ・スズナリ、駅前劇場、OFF・OFFシアター、「劇」小劇場、小劇場 楽園、シアター711、小劇場B1、東京ノーヴィ・レパートリーシアターといった演劇の聖地でさまざまなプログラムが催される。そのひとつとして行われる春風亭昇太プロデュースの「下北沢演芸祭2017」が、本多劇場で7日間にわたり開催。正統派落語会、演劇人による寄席、名作漫画のパロディー、飛び道具のスタンダップコメディ、新作落語集団の復活、そして春風亭昇太自身の35周年記念落語会と多彩なプログラムが楽しめる。
春風亭昇太35周年落語会
「夜道に月あかり冴えて」


 入門以来35年。笑点の司会者にまで上り詰めた春風亭昇太が、大物感を隠し、今回もひたすら懸命に、ひたすら軽やかに高座をつとめる。
【公演日時】2月1日(水)19時/2日(木)19時/3日(金)14時、19時【出演】春風亭昇太


落語の仮面祭り in 下北沢演劇祭

 名作演劇漫画「ガラスの仮面」の落語バージョン。原作者・美内すずえ先生公認で、去年7月、鈴本演芸場で10日間行い大好評のうち幕を下ろしたパロディーネタ。落語に興味のない演劇ファンも楽しめる。
【公演日時】4日(土)14時【出演】三遊亭白鳥


本多落語劇場

 絶対にオススメのメンバーがずらり。若いのにベテラン感満載の至極の芸を堪能できる。コレを見ておけば明日の落語界も見えてくる?!かも。
【公演日時】4日(土)19時【出演】柳家三三、春風亭一之輔、三遊亭萬橘ほか


役者の落語会「ごらく亭」冬の陣

 その世界ではそこそこベテラン役者の落語会。漫才や落語コント、太神楽もあるバラエティー寄席。
【公演日時】5日(日)【出演】松尾貴史、山口良一、小宮孝泰、曽世海司(Studio Life)、大森ヒロシ、オオタスセリ、二重丸◎、松永玲子(ナイロン100℃)ほか


爆笑!スタンダップコメディ寄席!

「一人」でステージに「立って」マイク一本でなんでも「笑い」に変える「Stand Up Comedy」! 奇才・清水宏による舞台は伝説になるかも?! 笑いのマシンガンを聞け!
【公演日時】5日(日)18時【出演】清水宏、ぜんじろう※落語ゲスト予定あり


あの頃やった創作落語

 あのメンバーが再び下北沢に結集。創作落語アソシエーション、通称「SWA(スワ)」のメンバーが一夜限りの再結成?!
【公演日時】6日(月)【出演】春風亭昇太、柳家喬太郎、三遊亭白鳥、林家彦いち


立川談春独演会
「半沢直樹」「下町ロケット」で役者としても注目を集める立川談春。現在、最もチケットの取れない落語家だ。ノリにのってる談春落語を聞くなら今でしょ!

【公演日時】7日(火)19時【出演】立川談春
各公演の詳細は、春風亭昇太ホームぺ―ジ( http://shunputeishota.com/ )で!【問い合わせ】ティルト TEL:03-3462-5606(平日11~18時)

関連記事一覧

CULTUREの最新記事一覧