すごすぎるぞ、トリュフのポテンシャル! 「Artisan de la Truffe Paris(六本木)」

サーモンマリネ フレッシュトリュフとシトラスの香り 2400円
 フランスで人気のトリュフ専門店が、日本に初上陸したというタレコミがあり、現場に急行! 普段は立ち飲み屋でくだを巻いている探偵、高級食材トリュフの専門店ということで、ちょっぴり緊張。しかし、店内はテラス席が見渡せる大きな窓に囲まれ、とっても明るく入りやすい。

 ほっと胸をなでおろしていると、テーブルの上には、トリュフ塩、トリュフオリーブオイル、トリュフバルサミコが。これらは、同じくテーブルに置かれているガラスの器に入れ、パンにつけたり、自分流の味付けを楽しんだりできるんですって。
1. 低温でじっくり火入れしたチキンにフレッシュトリュフを合わせたサラダシーザー 2100円  2.テーブルに置いている、サマートリュフ入り ゲランドの塩、エクストラヴァージンオリーブオイル 黒トリュフ、黒トリュフ風味のバルサミコ  3.フランス産フレッシュトリュフをふんだんに使ったリゾット 2200円
 まずは冷え冷えのスパークリングワインで、乾杯! 一皿目の「低温でじっくり火入れしたチキンにフレッシュトリュフを合わせたサラダシーザー」をいただく。低温で火入れしただけあり、しっとりとしたチキンに、カリッカリのベーコン、そしてポーチドエッグ、そこにこれでもかとトリュフのスライスがのっかっている。香り高いトリュフはサラダを風味豊かにグーンとグレードアップ。どこから食べてもトリュフの味わいがサラダと一体になり、口の中に広がり、鼻からフワッと抜けるトリュフの香りが、ぜいたく気分をさらに盛り上げる。

 次の「サーモンマリネ フレッシュトリュフとシトラスの香り」もそう。マリネしすぎていない絶妙な味のサーモンにトリュフが香ると、マリネのさわやかさがより一層引き立ち、めっちゃ凝った味わいに。すごすぎるぞ、トリュフのポテンシャル!

 そして、探偵が一番楽しみにしていた「フランス産フレッシュトリュフをふんだんに使ったリゾット」。これ、“フレッシュ”“ふんだんに”がポイント。これまで食べたトリュフのリゾットの中で、ダントツに香りがよく、フレッシュ感が半端ない。一口食べただけで、トリュフが口の中で弾けている。トリュフを存分に堪能できる店に認定!
Artisan de la Truffe Paris(アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ)
【住所】港区赤坂9-7-4 D-0118 東京ミッドタウンガーデンテラス 1階
【営業時間】平日11〜15時30分(L.O.14時30分)、17時30分〜23時(L.O.22時)/土日祝11〜23時(L.O.22時)
 デザートセットは11時から、ランチセットは15時30分までオーダー可
【TEL】03-5413-3830
【URL】 http://artisandelatruffeparis.jphttp://artisandelatruffeparis.jp