富士急ハイランドの「超ド級グルメ」と満喫する3つのワザを伝授

1. 分厚いハンバーグが3段も重なる『チャレンジじゅうじゅうハンバーグ』(単品スープ付き2500円/グリルキッチン MEAT×MEET) 2.ジューシーなお肉がぎっしり『ゴロゴロカットステーキ』(単品スープ付き1600円/グリルキッチンMEAT×MEET) 3.ラーメンの上に、かき氷!『氷結れもんラーメン』(900円/フードスタジアム) 4.富士急ハイランドキャラクター絶叫戦隊ハイランダーをイメージしたカラフルなピザ『たっぷりチーズのハイランダーピザ』(980円/フードスタジアム) 5.戦慄迷宮の闇を表現『戦慄迷宮バーガー』(850円/フードスタジアム) 6.リサとガスパール タウンにはキュートなスイーツがたくさん!

味も見た目も超ド級の新メニュー!



 おいしいフードメニューもテーマパークのお楽しみ! 富士急ハイランドではおいしいだけじゃなく、ついつい写真に撮って人に教えたくなる超ド級インパクトのフードメニューがずらり。

 今年の7月にオープンした新レストラン〈グリルキッチン MEAT×MEET〉では、注文を受けてから鉄板で調理され、熱々のスキレットに盛り付ける「鉄板ハンバーグ」や「鉄鍋カレー」などジューシーで食べ応え満点のメニューが揃う。

 この春リニューアルしたメインレストラン〈フードスタジアム〉にも超ド級にユニークなメニューを取り揃える。『ド・ドドンパ』登場に合わせた新メニュー『旨辛チーズビ・ビビンバ』『あつあつシーフード・ド・ドリア』『氷結れもんラーメン』のほか、人気ホラーハウスをイメージした真っ黒なハンバーガー『戦慄迷宮バーガー』などもインパクト満点。

 また、富士急ハイランドに隣接するリサとガスパール タウンのスイーツカフェ「レ レーヴ サロン・ド・テ」でも、リサとガスパールをモチーフにしたキュートなスーツメニューがずらり。こちらも写真映え必至!
【写真右上】W120×D210×H120cmという、カプセルホテルのイメージを覆すゆったり感!【写真右上】落ち着いたラウンジでおしゃべりしたり、今日の思い出をSNSにアップ【写真左】女性専用フロアのシャワールーム。シャワールームの数に合わせて洗面スペースを確保。シャワーから出たらすぐ洗面スペースを使うことができる。女性用アメニティーは資生堂。パナソニックのナノドライヤーも用意

超ド級を満喫する3つのワザを伝授



ゆったりキャビンで1泊

 前夜に一泊して開園即入場するもよし、閉園まで遊んでゆっくり休むもよし。首都圏の人も日帰り利用が多いが、今年、富士急ハイランド駅前にオープンしたオフィシャルのカプセルホテル〈キャビン&ラウンジ ハイランドステーションイン〉でリーズナブルに一泊するのもよい。こちらは女子にもおすすめしたいラグジュアリースタイルなカプセルホテル。キャビンは幅120cmと広く、マットレスもセミダブルサイズの本格仕様。男女完全別フロアなので、女性専用フロアにはカードが無いと入室不可。アメニティーも豊富に揃っているうえ、シャワールームも女性にうれしい仕様となっている。

 こちらの宿泊者は富士急ハイランド入園無料の特典が付くうえ、富士急ハイランド 開園30分前の優先入園特典が付いた宿泊プランを販売中。

キャビン&ラウンジ ハイランドステーションイン
【料金】富士急ハイランドフリーパスセットプラン 7300円〜【URL】highlandstation-inn.com
フランス生まれの人気絵本のキャラクター“リサとガスパール”の世界初のテーマパーク。イルミネーションが点灯する夕方以降の時間帯もおすすめ ©2017 Anne Gutman & Georg Hallensleben / Hachette Livre
夕方までくつろげる“パリ”

 パリの街並みをイメージした空間で「リサとガスパール」の世界観を楽しめるリサとガスパール タウン。ここは富士急ハイランドに隣接しており、このエリア内へは入園無料なので、カフェやスイーツと一緒に一休みできるスポットとしても人気。リサとガスパールの人形やエッフェル塔など、美里さんもセルフィーをどんどん撮りたくなるキュートなスポットだらけ。他にも、ジェルキャンドルやアロマスプレーなど、世界でひとつだけのオリジナルグッズ作りが楽しめる「リサとガスパールのアトリエ」や、ホテルパティシエ特製アフタヌーンティーセットが楽しめる、全席富士山ビューカフェ「レ レーヴ サロン・ド・テ」など、リサとガスパールと一緒にゆっくりくつろげる場所だ。
フォトスポットを徹底活用

 富士急ハイランドでは、園内のあちこちにユニークなフォトスポットを用意。カップルにオススメのハートモチーフのオブジェ(夕方にはイルミネーション演出あり)や、お尻デザインの椅子、天気のいい日には富士山も写る絶好のポイントなど、全部のフォトスポットを回るのも楽しそう。フォトスポットの手前には、スマホを置いておく台も用意しているので、人に頼まなくてもグループ全員一緒に撮影できる。
 ちなみにこの日、美里さんは恋愛運がアップするという“ハートのアジサイ”を園内で発見! オモシロ看板から、自分だけの撮影ポイントまで、あれこれ探してみて。
人気アトラクションを“優先”で楽しむ!「絶叫優先券」

 富士急ハイランドでの滞在時間を最大活用するなら、人気のアトラクションをほぼ待ち時間なしで楽しめる優先乗車チケット「絶叫優先券」を買うべし。『FUJIYAMA』『ええじゃないか』『高飛車』などに加え、今回『ド・ドドンパ』の絶叫優先券もラインアップ入り! しかもこの夏、事前にWEBで「絶叫優先券」が購入できる「スマート絶叫優先券」が登場。事前に購入しておけば当日は「絶叫優先券」を購入した人専用の入り口へ通されるので、一般乗車の待ち列に並ばなくて済む。「スマート絶叫優先券」が売り切れた場合、園内での当日販売はないので、WEBでの事前購入がおすすめだ。「スマート絶叫優先券」の他、人気機種3機種の「絶叫優先券」とフリーパスがセットになった「トリプルスマートフリーパス」、コースター3種(ド・ドドンパ、FUJIYAMA、高飛車)の「絶叫優先券」と15時以降に利用できるナイトフリーパスとのセット券「ナイトスマートフリーパス」を用意。

 また電車で富士急ハイランドへ出かけるならJR線の乗車券とのセットチケットを購入すれば、より便利で快適! 詳細・購入は富士急ハイランドホームページをチェック。
富士急ハイランド
【住所】山梨県富士吉田市新西原5-6-1【問い合わせ】0555-23-2111
【URL】https://www.fujiq.jp/

【冬の鍋特集】今年の鍋のトレンドは“痺れ”“スパイス”“伸びるチーズ”がキーワード
ウサギでモフモフのクリスマス! /12月18日(火)の東京イベント
【読プレ】さかなクンもゲストで登場!『JAPAN FISHING SHOW 2019』
“銀座の公園”で毎晩ショートフィルムやライブを楽しむ/12月16日(日)の東京イベント
本気のレンタサイクルで伊豆の真ん中、伊豆の“へそ”を満喫
新しいミニシアターが誕生!「アップリンク吉祥寺」/12月15日(土)の東京イベント