10・15RIZIN福岡大会でダンヘンvs桜庭のグラップリングマッチ
ダンヘンとの握手で、おおげさに痛がる桜庭(右)。んなわけないし…
PRIDEのテーマが鳴り響く中、ダンヘンが入場
「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント 1st ROUND -夏の陣-」(7月30日、さいたまスーパーアリーナ)にかつてPRIDEやUFCで活躍したダン・ヘンダーソンが来場。10月15日のマリンメッセ福岡大会で桜庭和志と「グラップリング・レジェンドマッチ」を行うことが発表された。

 PRIDEのテーマでヘンダーソンが、桜庭が自らのテーマ曲で入場すると会場はかつてのPRIDEを思わせる盛り上がりを見せる。

 桜庭が「10月15日、福岡でダン・ヘンダーソン選手と試合をするかもしれないので、よろしくお願いします。あと、9月23日にここで友達の(マウリシオ・)ショーグンが出るので、そちらもあわせて応援お願いします。RIZIN、UFC両方楽しんでください」と挨拶。続けてヘンダーソンが「日本に帰ってくることができて本当にうれしい。さて、前回日本で試合をしたのはかれこれ10年以上前になると思います。PRIDEでの戦いの日々というのは、格闘家としても一人の人間としても、人生の大きな一幕。そうした思い入れの深い日本にこうして戻ってくることができ、何よりうれしい。実現しようとしているこの好カード、レジェンドである桜庭とのカードということで、しかも日本の素晴らしいファンの前で戦えることは本当にありがたく思います。フィニッシュはチョークがいいかな? 何がいいかな? と考えています。アリガトウゴザイマシタ」と挨拶した。