「Krush.78」水と油の中澤と左右田がそれぞれの主張を展開

初防衛戦に臨む中澤純(©Good Loser)
「Krush.78」(8月6日、東京・後楽園ホール)で開催される「Krush -65kgタイトルマッチ」で対戦する王者・中澤純と挑戦者・左右田泰臣。ともにこのベルトを通行手形にK-1での活躍を目論むが、その考え方は水と油。試合直前、それぞれの主張を聞いた。

中澤「K-1チャンピオンになった後にどうするかが僕の人生にとって大事なこと」
――Krush-65kg王者になって、どんな変化がありましたか?
「自分の中で、昔はKrush-65kgのベルトを獲ることが人生のゴールだと思っていましたけど、今はKrush-65kgのベルトを獲ることが人生のゴールではないですね。Krush-65kgのベルトを獲ることが目の前の目標だと思うと、そのあとは通過点で、周りからは『凄いね!』って言われるんですけど、自分としては凄いとは思っていないです」

――周囲の反応はいかがでしたか?
「みんなが喜んでいるのを見て、ベルトは応援してきてくれた人たちへの恩返しのツールだなと感じました。格闘技はランキング1位でもランキング10位でも何も変わらないと思うので、チャンピオン以外は価値がないと思っています」

――Krush-65kgのベルトを獲得しても、自分が目指すものはもっと先にあると感じていますか?
「もちろんです。僕はKrush-65kgのベルトを防衛して、ベルトの価値を高めてK-1に出場してチャンピオンになります。引退後のビジネスとして“K-1チャンピオン”という名刺があるのとないのとでは全然違うので、その名刺が欲しいですね」

――引退後のためにもK-1でチャンピオンになる、と。
「そうですね。人は何かをゴールにしてしまうと、その目標をクリアできないと思うんですよ。だから僕は必ず自分が思うゴールのその先を目標にしないとたどり着けないと思っています」

――なるほど。
「これは僕の考えですけど、絶対にそうしたほうがいいのかなと思いますね。そうすると“K-1”というものが、昔は神の領域だと思っていましたけど、自分の考え方なら“K-1”は手の届く場所にあると思えています」

――Krushのベルトを獲得して、選手としても人としても充実しているようですね。
「はい。夢の設定を大きく見積もれば、それに応じて満足度というか充実度が出てくるんだと思います」

――対戦相手の左右田選手にはどんな印象を持っていますか?
「僕は格闘技オタクではないので、左右田選手のことは、あまり見てなかったんですよ。でも木村“フィリップ”ミノル選手と戦った試合(左右田が2RKO勝利)を見て、ガードが固い印象がありましたね」

――どんな試合になると想定していますか?
「パンチの当たる穴を見つけたので、そのパンチが入ったら、思いっきり昇龍拳ぐらいのパンチを打ち込んでやろうかなと思います(笑)。判定決着なら相手にダラダラペースを持っていかれてしまうと思うので、冷静に分析して判定だと厳しいと思っています。KOで勝たないと負ける可能性は高いと思っているので、僕の考えではダウンを取って判定で勝つか、KOで倒して勝つかだと思います」

――そうなると自然と派手な試合で中澤選手が防衛することになりそうですね。
「はい。派手な試合で勝ちますよ」

――左右田選手は中澤選手のPVの発言を聞いて「会社の代表であり、Krushのトップに立つ人間が(煽り映像で)自分の器のことをアピールして、相手に対してバーカという表現を使うところを見ていると寂しくなる」「彼が自分の上司だったらとても悲しくなる」と発言していました。それについてはどう思いますか?
「左右田がマスクと仮面が違うと言っていて、正直、そんなに違いが大きいものだと思っていなかったです。で、Googleで検索したら、そんなに差がないということに気づきました。あと僕が『バーカ』と言って、それを不快に思う人がいたら申し訳ないと思います。でも“煽り”映像ですから。ファンに見たいと思ってもらってナンボだし、それが僕の中ではプロなんで。それにあの発言も20分くらいしゃべった中の一コマだし、そもそも経営者としての時の僕は『バーカ』なんて言わねえよって(苦笑)。こっちはこっちで『最初は尊敬していた』とか言われてもつまらないし、試合が決まったら本気で殴りっこするのがKrushでしょう。左右田は『言いたいことを言う』とか『自分の好きにやる』と言っておきながら、宮田(充プロデューサー)さんに『他の選手が噛みついてこないことをどう思いますか?』と聞いてみたり、お前の意見はねえじゃん。全部人の意見じゃねえかよって。あいつの言葉を借りるなら、もし自分の部下にあんなグチグチうるさいやつがいたらクビにします。左右田はKrushのベルトをK-1への踏み台にするって言っていましたけど、そんなに甘いもんじゃねえよというところを見せたいですね。Krushのチャンピオンベルトが僕を強くしてくれたと思うので、そんな簡単じゃねえよっていうのを見せます。(左右田戦をクリアしたら?)KrsuhとK-1は色が違う興行で両方とも面白いし、どっちがどうはないけど、僕は子供の頃にK-1に憧れていたので、K-1でチャンピオンになりたい。それが夢や最終目標ではなくて、(K-1のベルトを)獲ってどうするかが僕の人生にとって大事なことです。だから目標は左右田を倒して、K-1のトーナメントに出て、俺が本戦・左右田がリザーバーいう状況を作ることです」

――Krush-65kg王者となって最初の試合ですが、自分のどんな姿を見せたいですか?
「Krushが日本チャンピオンでK-1が世界チャンピオンだとすると、僕の中ではK-1のチャンピオンが世界で1番強い男だと思っています。自分が世界レベルで戦えることを見せたいですね」

マスクはかぶっているが中身は左右田(©Good Loser)
左右田「今回のタイトル戦はどちらが勝ってもKrush史上最大にベルトさんが悲しむタイトル戦」
――「Krush.75」で新チャンピオンの中澤純選手に挑戦表明をして、正式に挑戦が決まりました。今どんな心境ですか?
「僕はいつもと変わらない感じですね」

――左右田選手の「K-1のためにKrushのベルトを獲りにいく」という発言に対して、同じ階級の選手からは反応がなかったことをどう感じていますか?
「僕が挑戦表明をした時に、第5代-65kg王座決定トーナメントに出場していた選手を含めて誰かしら来るのかなと思っていたら、来ないまま終わったのでちょっと寂しかったですね。自分に噛み付いて来なかったことが寂しいのではなく、Krushを外から見ていた人間として『Krushってこんな感じだったっけ?』という寂しさを感じましたよ」

――昔はもっとみんなギラついていた印象だったのですか?
「はい。僕はKrushに参戦表明をした時に、はっきりと『K-1のチャンピオンになるためにKrushに出る』と言いましたけど、結局、他の選手も一緒なんじゃないですか? 言葉にしていないだけで、みなさんもK-1に出るためにKrushのリングに出てるんでしょ?って。だから誰も僕に噛み付いて来なかった。違いますか?」

――各選手がどう思っているかまでは分かりませんが…。
「まぁ、それは構わないですよ。僕は自分が思ったことを“自由”に口にしただけですから。それで誰も何も言わないでアピールもしないなら、先に僕がアピールさせてもらいますよ、と。それだけのことですよ」

――対戦発表会見の時には『Krushの起爆剤になる』という言葉もありましたが、あれはどんな心境から出てきたのですか?
「どれだけ盛り上がる試合をしても、毎回同じ内容の試合ができるわけではない。『俺が盛り上げる』と言っても、何も変わらない場合だってあるわけですよ。だったら“自由”に思うままやったほうが、お客さんには伝わるのかなと思います。ただ試合をするだけなら誰でもできるので、そういう意味で僕は“自由”に思うままに戦って、Krushの起爆剤になろうと思いました」

――対戦相手の中澤選手には、どんな印象を持っていますか?
「中澤選手のことは以前から知っていました。ベテランって印象ですね。年齢では僕のほうが1つ上ですけど、格闘技キャリアでは先輩ですからね。戦い方に関しては、上手くまとまっているなって感じです」

――先ほどは「僕は自分が思ったことを“自由”に口にする」という言葉がありましたが、中澤選手に対して言いたいことはありますか?
「この試合のPVが公開されていると思うんですけど、中澤選手のコメントにがっかりしましたね。PVを見るまで僕は(中澤は)自分でジムを経営していて、Krushのチャンピオンになってすごいなと思っていたんですよ。そうしたら自分で『俺のほうが人間としての器がでかい』と言っていて…誰も器が小さいなんて言っていないのに、自分で自分の器がでかいとアピールしちゃうんだな、と。しかも中澤選手は途中で僕に対して“バーカ!”みたいな言い方をしてましよね? 会社の代表であり、Krushのトップに立つ人間が自分の器のことをアピールして、相手に対してバーカという表現を使うところを見ていると寂しくなります。みなさんも自分の会社の上司がそういうことを言っていたらどう思いますか? 僕だったらとても悲しくなりますね。そういう意味で僕はチャンピオンにがっかりしているわけですよ。僕にとって“KrushのベルトはK-1のチャンピオンになるためのもの”ということは最初からぶれていません。今回の試合もそのためのきっかけ作りの試合でしかない。僕はKrushのベルトが欲しいのではなくて、K-1のベルトが欲しくてKrushのリングに上がっているだけですから。逆にチャンピオンはどうですか? 彼はずっと『Krushのベルトが欲しい』と言い続けていたのに、いざKrushのベルトを獲ったら『K-1に出たい』と言い始めている。彼は“釣った魚にエサをやらない”し、きっとKrushのベルトさんもチャンピオンの言葉を聞いて残念で泣いているでしょうね。だから今回のタイトルマッチはどちらが勝ってもKrush史上最大にベルトさんが悲しむタイトルマッチですよ。まあ…僕はまだベルトさんの声は聞いていないので、8月6日に僕がベルトを巻いてベルトさんの声を聞いてあげたいと思います。前回の試合で僕は倒せる感覚を少しだけつかめたので、その確率を上げていければ早い段階で終わるかもしれない。早く終わるにせよ長期戦になるにせよ、僕がしっかり差を見せてベルトを手元に置きます」

――今回のタイトルマッチはK-1王座挑戦も見据えた一戦になると思います。どんな試合をしたいですか?
「すいません、僕の話を聞いてましたか? リベルタ(自由)ですよ、リベルタ。僕は何も考えずに好き勝手に戦います。その時にリングで感じたことをそのまま試合で出していく。どんな試合になるかは、自分でも試合が始まるまで分からないです」

――それでは最後にファンのみなさんにメッセージをお願いします。
「自分がKrushの起爆剤になって、それが弾ければ面白くなるでしょうね。あとは『中澤選手頑張ってください』って感じです」