「私たちは若い女の子たちのリアルを届ける」 スダンナユズユリーが“新曲”に込めた思い 
 本日、8月9日(水)にニューシングル「CALL ME NOW」が発売された、スダンナユズユリー。新曲の発売を記念し、今回はメンバーの須田アンナ、YURINO、武部柚那にインタビューを行った。

 彼女たちに「新曲の魅力」や「歌詞に込めたメッセージ」、そして2017年7月からスタートした「E.G.family体制に向けた思い」などについて聞いた。
須田アンナ「ファンみんなの優しさを感じた」

——E.G.family体制発表後、ファンの方々を含めた様々な反響を受けて、どんなことを感じていますか?

武部柚那:ファンの方々に対して発表直後は、凄く驚かしてしまっただろうなと思っていました。でも、私たちが思っていた以上にファンのみなさんの期待を感じることができたので、今はその期待に応えられるようにがんばらなければという気持ちです。スダンナユズユリーに関しては今年デビューしたばかりなので、まだ浸透していない感じがしましたし知名度がないなと感じました。だからこそ色づけしやすいなとも思っています。

須田アンナ:ファンの方の気持ちを考えて、丁寧に発信していったことが良かったのかなと思っています。ゆずが言ったように、思っていた以上にファンのみなさんの優しさを感じました。

YURINO:新体制となる理由、私たちの想いをしっかり伝えられることができて、それに対する応援の声をたくさんいただけたのは本当にありがたかったです。これからE.G.familyに体制が変わって、E-girlsもひとつのグループになってより同じところを目指すことができますし、各グループの違いもより楽しんでいただけると思います。さらに成長した姿をみなさんにお見せできればと思います。

——今、「各グループの違い」という発言がありましたが、E.G.familyの中でスダンナユズユリーはどんな存在だと思っていますか?

武部柚那:2MC&1ボーカルという点が、E.G.familyの中でも一番の違いだと思います。例えばE-girlsは、女の子が憧れるようなテーマや世界観を意識してパフォーマンスや楽曲制作をしていますが、私たちスダンナユズユリーは若い女の子たちのリアルを届けることを軸に活動しています。キャッチーでポップでかわいらしい部分もありながら、ラップでちょっとパンチのあるかっこよさを表現していくのが、スダンナユズユリーだと思っています。
YURINの「自撮り」をきっかけに生まれた新曲

ーー2ndシングル「CALL ME NOW」ですが、具体的にどんなイメージで制作に入ったのでしょうか?

武部柚那:みんなで話している時に、「電話の曲を作りたいね」とテーマが決まって、そこから生まれた曲です。

須田アンナ:ちょうどその頃、YURINOちゃんが携帯で自撮りしながらポーズするのが流行っていて、「それかわいいよね!」って話になってたんです。ジャケ写のアイディア探しで画像検索していても、カラフルな電話が見つかったり、MVの世界観も面白くなると感じてました。「トラックにもピッポッパって音を入れたらかわいいよね」など、テーマが決まってからもいろいろなアイディアが浮かんできてました。

武部柚那:そのアイディアがどんどん具体的になってきて、スタッフさんがトラックを用意してくださってからみんなで歌詞を書いていきました。

——電話をテーマに、どんな設定で歌詞を書き進めていったのでしょうか?

武部柚那:電話というテーマをさらにリアルに身近に感じてもらうために、男の子からの電話を待っている女の子の設定で歌詞を書いていきました。

須田アンナ:ラップ・パートはYURINOちゃんとふたりでいる時に書いて、それをベースにゆずが1曲にまとめてくれた感じです。

YURINO:テーマが明確に決まっていてイメージしやすかったので、書きやすかったです。ただ、中には何度も書き換えた部分もありました。

武部柚那:プリプロで歌っていく内に、言葉的に音としっくりこない部分に気づいたり…。曲の譜割に歌詞を合わせたかったので、音として歌詞を聴いた時に違和感がある部分は納得いくまで何回も書き換えました。


3人のお気に入りのパンチライン

——今作でも作詞を手がけていますが、個人的にパンチライン(印象的な歌詞)だと思う歌詞は?

YURINO:電話番号を連想させるワードを入れたいと思って考えた〈Hello Hello ☎080〉って歌詞は、これいいんじゃないかなって自分でも思いました。字面だけ見てもどう読めばいいのかわからないような歌詞も自分のラップの面白さなのかなと思っているので、ここは気に入っています。

須田アンナ:しかもYURINOちゃんは、このリリックに合わせてしっかり韻を踏んでいるから凄いなって思います。

武部柚那:私は〈いつの間にか My best friendなClock〉って歌詞。この部分だけまったく歌詞が出てこなくて、時計を見てボーッとしちゃっていたんです。で、ハッと我に返って、この状況を歌詞にしようと思って書いたんです。後から曲を通して聴いてみると、結構かわいい歌詞だなって思いました。ずっと電話を待っていて、時計を見すぎて時計が友達になっちゃうって表現は、久々にいいのが出たなと思いました。

須田アンナ:私はラップ・バースの〈CallだけじゃNo!Face-to-face〉って歌詞です。この「CALL ME NOW」の歌詞全体を通して、会うってシチュエーションが描かれていないんです。でも、やっぱり好きな人には電話だけじゃなくて会いたいじゃないですか。そんな乙女心を、自分のバースで表現してみました。あと、やっぱり恋はキュンとするものだと思っていて、そういう意味で〈キュンとさせてHOLD ME NOW〉って歌詞もお気に入りです。

武部柚那:〈簡単には押せないCALLのボタン〉とか、そんな乙女心を超低音の響く声でラップしてるところがまたいいんですよ!

——確かに、歌詞で描かれている世界観は、好きな男の子に電話をしたいけど、しないで電話を待っている女の子って設定ですもんね。

YURINO:こっちからはしないんです。電話を待つってドキドキ感がこの曲のポイントですね。

——やっぱり自分からはしないものなんですか?

武部柚那:いやー、私たちならしますね(笑)

須田アンナ:でも、やっぱりかかってきた時の嬉しさは、片想いだったら特に感じますね。

——LINEのメッセージじゃダメってことですよね?

須田アンナ:女の子ならもちろん声を聞きたいんですよ! で、できることならFace-to-faceでキュンとしたいんです(笑)
武部柚那「自分たちで歌詞を書くことが一番リアル」

——今回は3曲とも3人で歌詞を手がけていますが、作詞に対する想いも改めて聞かせてください。

武部柚那:やっぱり楽曲を作るにあたり、自分たちで歌詞を書くことが一番リアルだと思うんです。もちろん作詞家さんと共作することで、私たちの中にはない表現ができたり、貴重な経験をさせていただいています。ですが、曲作りにおいて、自分たちの想いを書くことは、とても重要なことだと思っています。

——スダンナユズユリーのメンバーとして改めてお互いを見ると、アーティストとしてどんな成長があったと思いますか?

武部柚那:ふたりともラップに関して自分のキャラが強くなったというか、定まったと思うんです。ライヴでもレコーディングでも、それぞれの表現の違いがうまく作用しあって、そこがスダンナユズユリーの個性になっているんです。ふたりの存在が、よりスダンナユズユリーの色を強くしてくれていると思います。

須田アンナ:ゆずは本当に歌がうまくなっていますね。すばらしいと思います。技術もそうなんですけど、感情が伝わってくるので、やっぱり自分で歌詞を書いていることも大きく影響しているんだと思います。ゆずはストイックなので、自分が満足するまでレコーディングし続ける姿勢には刺激を受けますし、ヴォーカリストならではのこだわりも勉強させてもらっています。どんどんスダンナユズユリーを引っ張っていってくれるヴォーカリストになっているなと感じています。

YURINO:歌詞を書く時って、私たちがラップ部分を先に書いて、それをゆずに渡してヴォーカル部分を書いてもらったり、歌詞全体をまとめてもらうんです。その歌詞がすばらしいんです。毎回レベルアップしていると思います。必ず私たちの気持ちを的確に代弁してくれる。スダンナユズユリーにゆずがいて、本当によかったなと思います。

ーー最後に、2ndシングルでスダンナユズユリーのどんな一面を提示できたと実感していますか?

武部柚那:MVを観ていただいても「OH BOY」からの進化があったり、いろんな色づけができた作品になったと思います。かわいらしさ、かっこよさ、キャッチーさ、ちょっと女子っぽいところ、3曲それぞれの楽しみ方があり、2ndシングルで音楽の幅も表現できたと思っています。

須田アンナ:この1枚でやんちゃ感を出せたかなと思います。というのも、E.G.familyの中でやんちゃ感を出せるのは、スダンナユズユリーしかいないと私は思っています。「CALL ME NOW」のMVにあるようなふざけているシーンとか、面白さという個性も大切にしていきたいです。完璧に仕上がった姿だけを届けるグループというよりは、これからも身近で等身大な姿を見せていきたいと思っています。

YURINO:スダンナユズユリーの幅が広がった作品になったと思います。「CALL ME NOW」のジャケ写の衣装はHIPでボーイズライクな感じなのですが、MVを観たら今までにない女の子らしさも表現できていたり。楽曲でもキュンキュンさせる歌詞とか、前作からの続編曲とかライヴに向けた曲もあるので、それぞれの違いも楽しんでいただきたいと思います。


(ライター・馬渕信彦)
※動画は「スダンナユズユリー / 『CALL ME NOW』」。
ニューシングル「CALL ME NOW」(DVD付)のジャケット
【メンバー】
YURINO(E-girls/Happiness)/須田アンナ(E-girls/Happiness)/武部柚那(E-girls)

【新曲データ】
タイトル:「CALL ME NOW」
発売日:2017年8月9日(水)発売
レーベル名:rhythm zone
品番等:[CD+DVD]RZCD-86379/B 1,800(税抜)/[CD]RZCD-86380 1,200(税抜)

【公式HP】
m.egirls-m.jp/

【公式Instagram】
www.instagram.com/sudannayuzuyully__/