RENAが1回戦で山本美憂を破ったウィンと対戦

会見でトーナメントへの思いを語るRENA(右)。左はシーザー武志スートボクシング協会会長
ウィンに負ける気は正直一切ない

「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 1st ROUND -秋の陣-」(10月15日、福岡・マリンメッセ福岡)で開幕する「女子スーパーアトム級トーナメント」の第1弾カードが8月8日発表された。

 シュートボクシング(SB)の絶対女王RENAが1回戦で米KOTC女子アトム級王者のアンディ・ウィンと対戦する。

 ウィンは昨年大晦日に山本美憂と対戦し、腕十字固めで一本勝ちした強豪。RIZINの高田延彦統括本部長は「楽ではない。むしろ危険な相手」と評した。

 RENAはまず「MMAファイターとしてはまだまだの選手なんですが、トーナメントに出場して、KOTC王者のウィン選手と対戦できるのはうれしく思う。でも私はウィン選手より上を見ていて、もっと強い選手と戦いたいので、この試合はKOか一本で決めて次に進みたい」と話した。

 そしてウィンの印象について「立ち技の選手と聞いていたが、打撃では山本選手のほうが当てていたんじゃないかなという印象。でもその中で、落ち着いてしっかり寝技で極めたのは経験のあるオールマイティーな選手なのかなという印象。打撃では負ける気は全くしていない。寝技も私はレベルアップしているので負ける要素はないかな、と。ただ寝技は経験がすべて。年数では負けているので極められないように意識しながらですが、正直負ける気は一切ないです」と話した。
ウィンの写真に笑顔でスリーパーホールドのRENA
 美憂のリベンジ宣言については「正直、興味がない」

 トーナメントは賞金総額1000万円、優勝賞金700万円と世界的にみても女子のトーナメントとしては史上最大級の規模で行われる。RENAとウィンのほかに、「DEEP JEWELS」(8月26日、東京・新宿FACE)で対戦する石岡沙織と浅倉カンナの勝者が参加。そして山本美憂の出場が濃厚となっている。

 昨年デビュー戦で破った美憂のリベンジ宣言については「正直、興味がない。トーナメントに出場するのであれば勝ち上がってくれば対戦することになる。対戦アピールされるのはうれしいし、やる時はやります」と話した。