松岡広大×佐藤流司×児玉明子 ライブ・スペクタクル『NARUTO−ナルト−』

 2015年日本のみならず海外でも絶賛されたライブ・スペクタクル『NARUTO−ナルト−』が2016年夏、再演決定! 初演より続投の主人公うずまきナルト役・松岡広大とうちはサスケ役・佐藤流司が初演時の舞台裏や再演に向けての意気込みを語る!
 大ヒットコミック『NARUTO−ナルト−』の世界を体感できる舞台として国内外で話題を呼んだ本作。脚本・演出の児玉はナルトとサスケを演じる2人を絶賛する。

児玉明子(以下:児玉)「トランポリンを使うアクションで背中から落ちるなどハードなアクションもありますし、身体能力によってキャラクターを表現することも求められるので、負担は大きかったはず。初めてのことばかりだったろうに、2人とも最高に頑張ったと思います(笑)」

松岡広大(以下:松岡)「初演時、毎回本番が終わった後に児玉さんから台本にふせんでダメ出しをしていただきましたよね(笑)。ダメ出しだけじゃなくアドバイスもたくさん頂いて。ふせんで指摘された点がどんどん形になっていくのがうれしかった。高みを目指していくうえでもすごくありがたいと思っていました」

佐藤流司(以下:佐藤)「児玉さんはグローバルというか世界的な目で見た『NARUTO−ナルト−』という世界観で作品を作っているという感じで、俺はそれについていくのが精いっぱいでしたね」

 初演は海外公演も大好評。

松岡「海外はカーテンコールがすごかったです。握手を求めてきたり(笑)。海外のお客さんはすごくエンターテインメントを前のめりで楽しむという印象でした。作品愛も強いし。観劇中もレスポンスがはっきりしているので、こちらとしては求められているものがはっきり分かるし、うれしかったです」

佐藤「俺は、サクラに“お前ウザいよ”と言ったとき(なぜサクラにそんなことを言うのかと、感情移入したお客さんから)ものすごいブーイングを受けたことが忘れられないです(笑)。でもその直後に自己紹介で、もう一度舞台に上がったときは大歓声で出迎えてくれて。海外の観客は、その瞬間に舞台上で起きていることをストレートに受け止めてくれる人が多いんだなと思いました」
 全力で走りきって迎えた大千秋楽。

松岡「僕は出し尽くした感が大きかったです。初主演、初座長というなかで当初は日々悩みながら過ごしていましたから。眠れない日もあったし食事がのどを通らない日もありました。でもキャストやスタッフの皆さんに支えられて無事に終えることができたんだ、と。公演中はずっと作品の世界にいたので、終わった瞬間にやっと自分は本当にすごくいい空気感のなかでやれていたんだと実感しました」

 初演時は座長としての在り方を考えすぎてしまった、と松岡。

松岡「みんなの問題に参加して一緒に解決しようと思い、結局自分でため込んでしまって。そこから自分なりに考えて、キャストの皆さんを信じることを基本にしたら周りも明るく見えて、のびのびやれるようになったんです。稽古が始まる直前、ギリギリでスランプから抜け出しました(笑)」

佐藤「稽古が始まる直前の時期にダウンしちゃったんですよね。でもその後に、みんなが“松岡くんが大人の顔つきになった”というようなことを言っていたんです。乗り越えたんだな、と思いました。たぶん一番近くにいたのが俺なんですけど “何か変わったね”とか、日々顔を合わせている俺が言うことでもないので、何も言わなかったですけど。俺はただ一緒にやっていただけです」

 何も言わずとも頼もしい相棒・佐藤。

佐藤「俺の場合は、まず単純に“うちはサスケ”というキャラクターに自分の身体的なスキルが見合っていなくて、これじゃまずいな、と。それこそエアリアルもウォールトランポリンも人生初で、最初は全然できなかった。身体的な面でスキルが足りないという壁に突き当たり、稽古の中盤ごろには役にのめり込みすぎてイライラがおさまらなくなるという事態に陥り…(笑)。一つの大きな壁を超えたらあとは完璧にできる、というものではなく、ハードル飛びみたいに、常に何かしら乗り越えなければいけないという感じでした。大千秋楽の最後の瞬間まで、そうでしたね」

 そんな役に再び挑む気持ちは。

松岡「ベースは崩さず自分の信じているナルトを演じたいので、稽古や台本を通して、日々新たな発見をしていけたらなと思っています。初演からの成長を舞台上で見せることができたらうれしいです」

佐藤「俺なんて昨日も家で『NARUTO−ナルト−』のゲームをやりましたからね、もちろんサスケを使って。役作りもばっちりです(笑)」

松岡「流司くんのサスケは本当にスキがない。眼光の鋭さとか、目の動きまで計算され尽くされているような、指の先まですべてサスケだと思わせられる。それが舞台上で僕らにひしひしと伝わっているということは、お客さんにも伝わっているということ。役にあそこまで入り込めるのは本当に尊敬します。舞台裏ですれ違うときにも殺気を感じますから(笑)」

佐藤「広大のナルトは、本当に等身大のナルトなんですよ。素の松岡広大がナルトそのものだから。思うままに演じているんだろうなと感じるし、それを受けてこちらも演じやすくなる。それがすごくいいものを作品にもたらしていると思います」

 文化や世代を超えて魅了する作品、と太鼓判を押す3人。その熱い思いをライブで感じて。
©岸本斉史 スコット/集英社 ©ライブ・スペクタクル「NARUTO−ナルト−」製作委員会2016
ライブ・スペクタクル『NARUTO−ナルト−』
【公演日】2016年夏【URL】http://www.naruto-stage.jp/http://www.naruto-stage.jp/