【Flowerインタビュー】最新シングルは「恋愛要素ゼロ」

女性ダンス&ボーカルグループのFlowerが23日、ニューシングル『たいようの哀悼歌(エレジー)』をリリース。E-girlsが11人の新体制になって、E.G.familyが新たに発足するという変化を経て、最初のシングルになる。このシングル、Flowerの新たな扉ともいえそうで……。メンバーの鷲尾伶菜、佐藤晴美、坂東希に聞いた!
スタイリスト・ウツミサオリ(ラバブル)/ ヘアメイク・福田翠、山田佳苗、永井友規(Allure)/衣裳協力・Y's、Y's Pink、(全てワイズ プレスルーム)、neutra /撮影・蔦野裕
「恋愛要素ゼロ」の挑戦

――E-girlsが11人の新体制になって、E.G.familyが新たに発足しました。『たいようの哀悼歌(エレジー)』は、その変化を経て、第1弾のシングルです。

鷲尾:Flowerの6人のメンバーに変更はないんですが、藤井萩花、中島美央、重留真波はFlowerの活動に専念することになりました。新たな心意気でパフォーマンスに力を入れたいという意味でも、ぴったりな曲だと思います。明るくて煌びやかなE-girlsですが、Flowerは、陽と陰っていうか、太陽とそれによってできる影みたいな関係。それを表現できる楽曲に出会えたなと思っています。

――Flowerにとっては新しい挑戦だった?

鷲尾:そうですね、恋愛要素はゼロですから(笑)。これまでFlowerが表現してきたのは、恋愛の傷とか失恋から感じる心の痛みでした。この曲で表現するのは人生に向き合ったときに感じるディスピアー(絶望)、そして、孤独です。

坂東:恋愛の曲に比べると抽象的だし、誰もが共通認識として持っているのは絶望、みたいな曲だと感じました。感情に寄り添うことをもっと意識してやっていこう、よりリアルにやっていこうって、Flowerみんなで話していたタイミングで、この曲でした。パフォーマーとしても、1人ひとりが曲の中に入り込んで、歌と音を感じて自分たちの気持ちを表現しようって思いました。

佐藤:個人的な感覚ですけど、Flowerは1人ひとりが表現したいことを形にしていい場所だと思うんです。『たいようの哀悼歌(エレジー)』は聞いてくれる人それぞれが曲から感じることが違う曲だと思っているので、いつも以上に自由に表現していいのかなって感じました。この曲のフリはコレオグラファーの方につけてもらっているんですが、そこからどう踊ろうかって考えるのがすごい楽しかったですね。
「クールに振る舞う女性を意識」したボーカル

鷲尾:完成したものを見たとき、私、感動しました。体の動きでこんなに感情をえぐられるような表現ができるんだ! それを歌でもやらなくちゃと思いました。抽象的な曲だからこそ、他人ごとにならないように表現しようって意識して、作詞の小竹正人さんと一緒に、いろんな歌い方を試して、一番いい歌い方を探りました。虚無感とか無機質な感じで、感情を爆発させてしまうと違う絶望を伝えてしまうので悲しい辛いを前面に出さずにクールに振る舞う女性を意識しています。

――歌い方が変わればパフォーマンスが変わる、またはその逆のようなことはありますか?

坂東:あります! 例えばですけど、伶菜(鷲尾)さんがライブの時にこれまでなかったアレンジで歌い始めたりするんです。そうきたかってパフォーマンスが変わるし、より感情が入ったりもします。それによってメンバーがピッとするし、“一つになった!”って感覚があったりもするんです!


MVは「暗い世界に降りていくみたいな感じ」

――ミュージックビデオ(MV)についても教えてください。

坂東:暗い世界に降りていくみたいな感じだったよね(笑)。

鷲尾:本当に東京の街なのかなあ、みたいな。海とか街の中だったり、どこだろうここは?っていうような路地裏だったり。メンバーによってはソロのダンスシーンが部屋の中というのもありましたけど、オールロケで撮影しています。

――“陰”が表現されている?

鷲尾:今までで一番人間味のある、リアルな心情を描いたMVができたと思います。着飾ることのない素の自分たちの姿で、笑顔を作っていても実は何か抱えていることがある影があるってところ、難しいところを表現できたのかなって思います。

――新体制になったFlowerの姿、この作品で、目と耳と心で感じたいと思います。

(聞き手、本紙・酒井紫野)
New Single『たいようの哀悼歌(エレジー)』8月23日(水)リリース

通算15枚目となるシングル。タイトル曲はMBS/TBS/BS-TBS“アニメイズム”枠で放送中のテレビアニメ『将国のアルタイル』のエンディングテーマ。カップリングには「Stranger」「熱帯魚の涙(Asatic version」を収録している。ニューリリースの詳細とグループの最新情報は公式サイト(http://www.flower-ldh.jp/)で。

■初回生産限定盤A(CD + DVD)4850円
※DVDには「たいようの哀悼歌(エレジー)」のMVと最新ツアーのファイナル公演の収めた『Flower Theater 2016 ~THIS IS Flower~ THE FINAL』 (約110分) を収録。
■初回生産限定盤B(CD + DVD)1850円
※DVDには「たいようの哀悼歌(エレジー)」のMVを収録。
■通常盤(CD)1000円
■期間生産限定盤(CD)1000円※アニメ書き下ろしジャケット仕様
【PROFILE】Flower(フラワー)は2011年2月より開催された「EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION3 ~For Girls~」で3万人の中から選ばれたメンバーを中心に結成された、女性ダンス&ボーカルグループ。2011年10月にシングル『Still』でデビュー。Flowerとしのての活動はもとより、女優、モデルとしてもそれぞれが各方面で活躍する。メンバーは、鷲尾伶菜、藤井萩花、 中島美央、重留真波、佐藤晴美、坂東希。公式サイト(http://www.flower-ldh.jp/)