【今日も食べ過ぎ東京グルメ探偵】新東記クラーク・キー(大手町)
 おいしいものがあると聞けば、調査に行かずにはいられない「東京グルメ探偵」。メタボを気にしつつも食べ過ぎてしまうのがたまにキズ。さて、今日のタレコミは…?
「シンガポールチリクラブ」(100g 1500円)
 都心のど真ん中で温泉に入れることで話題の大手町フィナンシャルシティ グランキューブが待望のオープン。飲食店もたくさん入っているということで、早速調査に向かう。今回探偵が選んだのは政府観光局認定第1号シンガポール専門店として人気の恵比寿「新東記」の姉妹店「新東記クラーク・キー」。

 前菜をいくつかいただいた後、「鉄板スタイル串焼きチキンサテー」をオーダー。特製スパイスで漬け込んだシンガポールの定番串焼きをアツアツの鉄板で提供される。サテーにかけられたスパイシーなソースとともに食すと、あれ? 食欲がわいてきたぞ。シンガポール料理って、香りと複雑なスパイスの配合で食欲が増進される気がするのよねー。続いての「シンガポールチリクラブ」は、シンガポール風チリソースと蟹の旨みが合体したたまらん一皿。もうこれは手づかみで口の周りを真っ赤にしながら、しゃぶり食いするのが正解だ。蟹をしゃぶる、ジャスミンハイですっきりとさせる、そしてまたしゃぶる…。永遠に食べられる、そして飲める。くーっ、最強ペアや! 最後は揚げパンと蒸しパンでお皿のソースをぬぐい食べつくす。満足じゃ。ここで一息いれてスープ「肉骨茶“バクテー”」をオーダー。ニンニク等のスパイスで漬け込まれたというスペアリブは、軽くスプーンを刺しただけでほろほろと骨から身が離れるほどの軟らかさ。スープはスペアリブの漢方なのか、スーッとしてさわやかな中に一口ごとに違う旨みを感じる複雑な味付け。しっかり味はついているけど、なんだか体が急にポカポカしてきて、とっても落ち着く味。そして〆にライスヌードルの「ラクサ」を注文。ココナッツミルクとハーブ、そして香辛料を合わせたこの店オリジナルのラクサペーストを海老の出汁で伸ばしたスープがやばいぐらいうまい。お腹はいっぱいなのに、麺を完食したあとに、スープまで飲み干しちゃったもんね。このココナッツミルクの絶妙な甘みは一体なんじゃろ。これ以上ココナッツミルクが多くても少なくてもダメー。黄金バランスで完成されたラクサに探偵感激! 本場のシンガポール料理が気軽に楽しめる店に認定!
1. 「鉄板スタイル串焼きチキンサテー」(400円/1本) 2.「肉骨茶“バクテー”」(大 1200円、小 880円) 3.「ラクサ」(1380円)
新東記クラーク・キー
【住所】千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティ グランキューブ1F【電話番号】TEL:03-6262-5595【営業時間】平日:11〜15時、17時30分〜23時)/土曜:11〜22時【定休日】日曜祝日【URL】http://www.sintongkee.jp/