山本美月 × 玉城ティナ 呪いのパワーも恐怖も2倍。人生最大ボリュームで大絶叫!?
 映画『貞子vs伽椰子』
 日本ホラー史上“最恐”の存在『リング』シリーズの貞子と、『呪怨』シリーズの伽椰子が、まさかの激突!『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!』など、ホラーの名手としても人気の高い白石晃士監督のもと、山本美月と玉城ティナが、想像を絶する恐怖に挟み撃ちされる美しきヒロインを熱演。2人の勇気と情熱に、貞子と伽椰子も大満足!?
山本美月 ヘアメイク・篤史(PEACE MONKEY) スタイリスト・津野真吾 衣装協力・RINASCIMENTO、HOORSENBUHS 玉城ティナ ヘアメイク・村木アケミ スタイリスト・知念美加子 撮影・蔦野裕
ホラー史に残る話題作で挑んだ芝居

“見たら2日以内に死ぬ”といわれる呪いのビデオを手にした女子大生・有里。ビデオを見てしまった親友・夏美を救おうと手がかりを求めるうちに、自らも呪いに巻き込まれていく。一方、両親と引っ越してきた女子高生・鈴花は向かいの不気味な家が“入ったら二度と戻れない”という呪いの家だと知る。ある夜、そこで行方不明になった小学生の姿を目撃した鈴花は家の中に足を踏み入れ…。日本のみならず世界中を震え上がらせてきた、2つの呪い。その主『リング』シリーズの貞子と『呪怨』シリーズの伽椰子が、まさかの対決! 何が起こるのか誰も想像できない恐怖対決に巻き込まれることになった2人の心境は?

山本美月(以下:山本)「最初にお話を頂いたときは、すごくうれしかったです。『リング』と『呪怨』の両方に出演できる女優さんも、なかなかいないと思うので(笑)」

玉城ティナ(以下:玉城)「私はまず“VS”って、どういうことなんだろうと思いました(笑)。ホラー映画は大の苦手なので怯える気持ちもありつつ、お芝居の幅を広げたくて挑戦しました」

 今回は、役どころの特徴を出しつつも、観客が自然と感情移入できる“ごく普通の”人物像も意識した、と2人。

山本「私が演じる有里は、親友の夏美を救おうとする、とても正義感の強い女の子。なので撮影現場では、夏美役の佐津川愛美さんと過ごす時間を大切にしよう、と。本当に有里と夏美みたいに仲良くさせていただいていましたね。お祓い指導の先生に占いをしてもらったりして、楽しかったな。27歳か32歳で結婚する!と言われました(笑)」

玉城「私が演じる鈴花は、少しおとなしいタイプの、どこにでもいる高校生。それが、思いもよらず伽椰子の呪いに関わって、なすすべもなく巻き込まれていってしまう。私自身が鈴花をどう演じたらいいか試行錯誤していたので、鈴花の心境と重なる部分があると思いました。それでまず自分が感じたことを、そのまま表現してみよう、と。それが自然と鈴花の役作りにつながっていけばいいな、と思いました」

 ホラーが苦手という玉城だが“見えない”からこそ演技が難しかった、と振り返る。

玉城「撮影現場の雰囲気はまったく怖くなくて、とても楽しかったです。むしろ怖くないからこそ難しい部分もありました。 “このあたりに貞子さんがいると思って”といった指示を受けて演じることも多く、想像だけで怖がることの大変さを知りました。実際に目の前に見ると、やっぱりちょっと、うわっ…ってなるんですけど(笑)」

山本「見えないものに驚く演技って、すごく難しいよね。私の場合は、ホラー映画ならではの演技が、すごく勉強になりました。現実だと、ふと自分の手に誰かの髪の毛が絡まっていたら即座に払い落とすじゃないですか。それを、白石監督からは “一度、ハッとしてから払い落として”という指示を頂いたんです。普通の動きをそのまま演じるのではなく、映画として“見せる”ための芝居ですよね。恐怖に対する反応とか息づかいとか、ホラーならではの芝居をいろいろと教えていただきました」

 親友を救うため貞子の呪いと向き合おうとする有里。気づけば自らも呪いの家に足を踏み入れてしまった鈴花。2人を待ち受けるのは想像を超える恐怖だった…。不気味な予感から始まった物語はやがて絶叫の渦へと突き進む。2人のヒロインの絶叫演技も見どころ。

玉城「私自身が普段、叫ぶことがないので、自分でどうなるんだろうと思っていたんですけど、実際にやってみたら意外と叫べました。たぶん人生最大音量くらいの絶叫だと思います(笑)。こんなに叫ぶことも、そうそうないだろうな、と思うくらい絶叫しましたね」

山本「日常で叫ぶなんてことまず無いよね(笑)。私はジェットコースターに乗っても叫んだことないかも。怖いと、むしろ黙っちゃう」

玉城「そうですよね。私の場合、そもそもジェットコースターには怖くて乗れないけど(笑)」

山本「絶叫シーンは、ティナちゃんがこんな表情するんだと驚く人も多いと思う」

玉城「そうですね。モデルとして私の事を知っててくださる方はとくに今回の私を見たら、びっくりするかもしれないですね(笑)」

山本「私はこれまでの作品でのお芝居で、けっこう叫んでいるんですけど(笑)、今回ほど叫んだことは無かったと思います。本作では、叫びというか恐怖感の強弱の出し方を意識していました。呪いのビデオを見ているときの恐怖感と、実際に貞子が目の前に現れたときの恐怖感の違いだったり、変化をどうつければいいのか、すごく考えながらお芝居をしていました。ずっと同じテンションだと恐怖は伝わらないと思いまして」
貞子と伽椰子がココがステキ!?

 日本ホラー映画界を代表する存在に立ち向かった2人。それぞれの“呪いの相手”の魅力、怖さはどこにあると思う?

山本「貞子の恐怖は、しっとりとした怖さというか、さりげない怖さ。それって、日本ならではの怖さじゃないかなと思うんです。ふと振り返るといる!みたいな。ただ脅かせばいい、というものではなくて、タイミングが重要だと思うんですよね。その怖さが貞子さんは素敵だなと思う(笑)。あえて怖がらせようとしない、なのに怖い。上品な恐怖なんです(笑)」
玉城「伽椰子の場合は、呪いの家という要素だけでも怖いのに、さらに俊雄くんまでいて…。もう、一家全員呪われている、そのドラマが恐ろしいんです。もちろん伽椰子そのもののビジュアルや動きも衝撃的に怖いんですけど。一家の過去を知っておくと、より深く恐怖を感じられると思います」

山本「確かに、今回の作品ではあえて、貞子や伽椰子の背景を描いていないんですよね。何も知らなくても両者の対決を楽しめると思うんですけど、両方の過去作を見て2人の過去や背景を知っておくとイメージがさらに膨らんで、より楽しめる、怖がれると思います(笑)」

玉城「ヒロインがごく普通の女子高生と女子大生なので、誰でも感情移入できると思います。自分だって、いつか貞子や伽椰子と出会ってしまうかもしれない…そんなことを想像しながら楽しんでもらえるといいですね」

山本「ホラー映画ならではのダークな美しさもある作品なので、男女問わず、見ごたえを感じてもらえると思うんですよね。少し周囲の空気が冷たくなるような、そういう映像の美しさも楽しんでもらいたいです。もちろんクライマックスの対決シーンもお楽しみに!」

玉城「貞子と伽椰子は、この対決をどう思っているんだろう(笑)」

山本「映画の宣伝のために、すごく働いてもらってるけど…怒ってたら嫌だよね(笑)」

 ホラー界最恐の存在・貞子と伽椰子に恐れをなして、他のオバケは近寄ってこないかも。
玉城「あ、それはいい考え!」

山本「そう考えるとあの2人の存在は頼もしいですね」

玉城「…でも、私たちの味方になってくれるのかな…?」
(THL・秋吉布由子)
© 2016「貞子vs伽椰子」製作委員会
『貞子vs伽椰子』
監督:白石晃士 出演:山本美月、玉城ティナ、佐津川愛美、田中美里、甲本雅裕、安藤政信他/1時間39分/KADOKAWA配給/6月18日より全国公開 http://sadakovskayako.jp