アジア最終予選2連戦 勝てば出場決定。負ければ一気にがけっぷち
サッカーW杯ロシア

 日本サッカー協会は8月24日、都内のJFAハウスで会見を開き「2018 FIFAワールドカップ(W杯)ロシア」のアジア最終予選、オーストラリア戦(8月31日、埼玉・埼玉スタジアム2002)とサウジアラビア戦(9月5日、サウジアラビア・キング・アブドゥラー・スポーツ・シティー)に挑む日本代表メンバー27人を発表した。

 日本はW杯予選ではオーストラリアに未勝利なのだが、ハリルホジッチ監督は会見の冒頭「オーストラリアに予選で日本がまだ勝ったことがないという話を聞いたが、すでにオーストラリアとの1戦目で勝つ可能性があった。この試合では、選手たちにしっかり勝利を求めていってもらいたい。このチームにはそれができると思う。歴史に残る試合を作りたい」と話した。

 主力選手に故障者が多いことから「リスクを冒したくない。手元に選手を呼んで、状態や可能性を判断するため」(ハリルホジッチ監督)ということでFWを9人招集するなど、27人と普段より多めの招集となった。

 ケガで代表を離れていた長谷部とスペイン移籍当初はコンディションが十分ではなかった柴崎が代表に復帰。肩のケガの復調具合が心配された香川、この前日に移籍後初ゴールを決めた本田、所属するレスターで開幕から2戦連続ゴールをあげている岡崎ら常連組も選ばれた。

 またJリーグ勢からは昨今、頭角を現してきたセレッソ大阪の杉本にも期待が高まっている。

 日本は現在5勝2分け1敗の勝ち点17でグループBの首位。31日のオーストラリア戦に勝てば5日のサウジ戦を待たずしてW杯出場が決まる。引き分けだとサウジ戦で敗れた場合にはグループ3位に落ちてプレーオフに回る可能性がある。出場に王手はかかっているが逆に3位に落ちる場合もあるというスリリングな状態になっている。
移籍後初ゴールを決めた本田(写真:MEXSPORT/アフロ)
間に合った!! 本田が移籍後初出場で初ゴール

 今シーズンからメキシコ1部リーグのパチューカに移籍した本田圭佑は22日、ホームで行われたベラクルス戦で今季初めてベンチ入りを果たした。後半12分についにメキシコのピッチに立つと、27分には味方のスルーパスに反応しドリブルで相手陣内まで持ち込み、左足のミドルシュートで移籍後初ゴールを決めた。

 本田は右ふくらはぎの肉離れで出遅れていたが、初出場で結果を出した。一時は日本代表への合流も危ぶまれていたが、W杯アジア最終予選に向け頼もしい男が帰ってきた。
〈アジア最終予選 日本代表メンバー〉

GK
川島永嗣 FCメス(FRA)
東口順昭 ガンバ大阪
中村航輔  柏レイソル

DF
長友佑都 インテル・ミラノ(ITA)
槙野智章 浦和レッズ
吉田麻也 サウサンプトン(ENG)
酒井宏樹 オリンピック・マルセイユ(FRA)
酒井高徳 ハンブルガーSV(GER)
昌子 源 鹿島アントラーズ
植田直通 鹿島アントラーズ
三浦弦太 ガンバ大阪

MF
長谷部誠 アイントラハト・フランクフルト(GER)
髙萩洋次郎 FC東京
香川真司 ボルシア・ドルトムント(GER)
山口 蛍 セレッソ大阪
小林祐希 SCヘーレンフェーン(NED)
柴崎 岳 ヘタフェCF(ESP)
井手口陽介 ガンバ大阪

FW
岡崎慎司 レスター・シティー(ENG)
本田圭佑 CFパチューカ(MEX)
乾 貴士 SDエイバル (ESP)
大迫勇也 1.FCケルン(GER)
原口元気 ヘルタ・ベルリン(GER)
武藤嘉紀 1.FSVマインツ05(GER)
杉本健勇 セレッソ大阪
久保裕也 KAAヘント(BEL)
浅野拓磨 VfBシュツットガルト(GER)