【舞台】風琴工房『アンネの日』、 詩森ろばに注目!
三鷹市芸術文化センターの名物企画 

「MITAKA“Next”Selection」といえばこれまで次代を担う劇団が多く選ばれている印象。この風琴工房は歴史も実績もあり、一見「Next」という言葉には似つかわしくないと思う人もいるかもしれない。しかし主宰で作・演出の詩森ろばが「2011年に忘れがたい震災があり、わたしの演劇は変化しました」というように、それ以降、作品が大きく変化。前作の『penalty killing −remix ver.−』では劇団史上最多の観客を集めるなどまだまだ進化し続けている。

 そんななか詩森は2018年からは風琴工房という名を置き「sereal number」という名義で活動するというから、今回の「Next」は風琴工房という劇団のことではなく、詩森にあてられた言葉なのかもしれない。

 今回は女性開発者たちによる生理用ナプキン開発の物語。実際の開発現場などを取材しながら、出演者は全員女性という布陣で女でしかない事象に真正面から取り組むという。
風琴工房『アンネの日』
【日時】9月8日(金)〜18日(月・祝)(開演は平日19時30分、土日14時・19時。※13日(水)は14時の回あり。10日(日)は14時の回のみ。18日(月・祝)は14時開演。11日(月)休演。開場は開演30分前。当日券は開演1時間前)
【会場】三鷹市芸術文化センター 星のホール(三鷹)
【料金】全席自由 一般前売3800円、当日4000円/学生2000円(前売・当日とも)/高校生以下1000円(前売・当日とも)/障がい者1000円(前売・当日とも/当日障がい者手帳拝見)/早期観劇割引(8〜10日)と平日マチネ割引(13日14時)は、各300円引き
【問い合わせ】三鷹市芸術文化センター(TEL:0422-47-5122=10〜19時 [劇団HP]http://windyharp.org/
【作・演出】詩森ろば
【出演】林田麻里、伊藤弘子(流山児★事務所)、石村みか(てがみ座)、ザンヨウコ、葛木英(クロムモリブデン)、笹野鈴々音、熊坂理恵子、ししどともこ(カムヰヤッセン)