焼き肉業界初の“オーナーズビーフ制”を導入! 「YAKINIKU FUTAGO 37 West 17th St.(新橋)」

 おいしいものがあると聞けば、調査に行かずにはいられない「東京グルメ探偵」。メタボを気にしつつも食べ過ぎてしまうのがたまにキズ。さて、今日のタレコミは…?
本日の厳選焼「サーロイン」※以下、写真すべてコース「Chelsea(チェルシー)」(1万円/消費税・サービス料別)の中から
YAKINIKU FUTAGO 37 West 17th St.(新橋)

 すごすぎる焼き肉店がオープンしたということで、早速潜入! 場所は新橋。内幸町駅からも近いザ・飲み屋街。ビルの2階にその店「YAKINIKU FUTAGO 37 West 17th St.」はあった。

 店に入ると正面におしゃれなバー、そして右手にはゆったりとしたラウンジスペースが。異国の風情を醸し出すインテリアに期待が高まる。レストランスペースもシックでありながら、ラグジュアリーな空間。それもそのはず、ここはニューヨーク17番街にある「YAKINIKU FUTAGO NYC」の世界観を体感できるというのがコンセプトだとか。もちろん、それはお料理にも表れていて…。

 と、その前に実はこの店、焼き肉業界初の“オーナーズビーフ制”を導入しているのだ。厳選した牛肉の塊を購入すると、店内のミートセラーで保管。肉の熟成具合、残りのグラム数、賞味期限などを管理し、来店時に“マイミート”を最高の状態で提供してくれる。ボトルキープならぬ、ミートキープ。す・て・き♥。
本日の厳選焼「サーロイン」 
 しかしいきなりオーナーになるのはちとハードルが高いので、今回は「Chelsea(チェルシー)」コースをいただく。アミューズの「The garden」は、その名の通り見た目は庭。ふたを開けたと同時にトリュフの香りがすごい。そこにほぼ庭石と同化したトリュフメンチカツがゴロンと置かれている。これがまあ、舌に絡みつくようなしっとりと柔らかいお肉から、肉汁があふれ出し、上質な味わい。トリュフの香りが広がり、なんという口福。

 その余韻がずーっと残ったまま、メインのサーロインが登場! うやうやと運ばれてきた宝箱をオープンすると、もくもくと立ち上るドライアイスの中から、光り輝く肉が出てきた。常温だと溶けてしまうのだ。それを本当にさっと焼き、お好みでゆずおろし、青森産のニンニクチップ、本わさび、洋わさび、ロックソルトでいただく。やばいよ、やばいよ。もうとろける〜。本気の肉の力を見せつけられた感じだ。とにかく肉好きは1度試してみるべし。

 もちろん、コースのそのほかのメニューも店の世界観を表現した素晴らしいものばかり。感動を味わえる焼き肉店に認定!
前菜「The garden」 
デザート「美味しくてごめんなchai」
YAKINIKU FUTAGO 37 West 17th St.(ヤキニク フタゴ セブンティーン ストリート)
【住所】港区新橋2-11-10 HULIC &New SHINBASHI2階
【営業時間】17〜24時 ※金曜祝前日は翌3時まで
【TEL】03-6550-8725(完全予約制)
【URL】http://www.37west17thst.jp/
大人気“リボンボトル”、今年はアタリ付き!【腕利き宣伝マンが猛プッシュ コレよ、コレ!】
自慢の漁師飯や磯料理が日本各地から大集合!/11月16日(木)の東京イベント
カリフォルニアスタイルのパイ専門店「Pie Holic(パイ ホリック)」
平成ノブシコブシ吉村「遼河さんはこっち側の人間だからいじってもいい」
東京駅の丼ナンバーワンを決める
知られざる島の宝をメニュー化「国境離島グルメフェア」開催