仲山貴志が1R一本勝ちでインフィニティリーグトップに【9・2修斗】

山本(左)の強烈なローキックが三上を襲う(撮影・荒木理臣)
いつもと違う!? 新イベント「RUN & FIGHT & MOSH Vol.1」内で修斗公式戦

 タワーレコードとストリート系アパレルブランド“MOBSTYLES”による新しいミクスチャーイベント「RUN & FIGHT & MOSH Vol.1」(9月2日、東京・新木場STUDIO COAST)内でプロフェッショナル修斗公式戦「インフィニティリーグ2017」フェザー級の2試合が行われた。

 第1試合は山本健斗デリカットが三上譲治を2R3分24秒、KOで破り、リーグ戦の勝ち点を5とした。

 ライブホールという場所柄、普段より“いい音”で入場曲が鳴り響く中、入場する2人。初めて格闘技を見るという観客も多く、開始のブザーが鳴ると固唾を飲んで見守る姿も多く見られた。

 しかし1Rから2人が打撃でやりあうと徐々に歓声が沸き起こる。山本のローキックが当たり、バチーンといい音が鳴り響くと「おおっ」と声が上がる。試合は山本がローを主体とした多彩なキックとフックでプレッシャーをかけ、三上をケージ際に下がらせる場面が続く。三上もケージを背にしながらもカウンターのフックで応戦。バックを取ってリフトしてテイクダウンさせる場面も作ったが、山本はすぐに立ち、主導権は渡さない。
最後は山本(右)が鉄槌の連打で試合を決めた(撮影・荒木理臣)
山本が鉄槌の連打で三上を2RKO

 1R中盤、山本はケージ際に詰めた三上に左フックをクリーンヒット。一瞬、腰が落ちかけた三上はタックルにいくが、山本は潰すと鉄槌の連打。ラウンド終了間際も、右フックからタックルにきた三上をフロントチョークの体勢にとらえるなど山本が優勢のまま1Rを終える。

 2Rも山本の打撃が冴え渡る。三上は起死回生を狙い左右のフックを振り回し前に出るが、山本はクリーンヒットを許さない。逆に右のパンチに的確なローキックでじわじわと三上を追い詰める。山本のローに右足が流れ始める三上。山本は三上をケージに詰めると、最後は飛びヒザでダウンさせ、鉄槌の連打を浴びせKO勝ちした。
仲山(後ろ)のスリーパーホールドががっちり決まる(撮影・荒木理臣)
仲山が電光石火のスリーパーホールドで一本勝ち

 第2試合は内藤大尊vs仲山貴志。仲山が右フックからタックルの素振りを見せると内藤はパンチで牽制。続いて仲山が右ローを放つと内藤はその足をキャッチ。パンチを入れてダウンさせパウンドを落とす。しかし仲山はすぐに体を起こすとタックルから逆にテイクダウンを奪う。ケージ際でそのままバックを制するとスリーパーに移行。内藤は仲山を背負ったまま立ち上がるが、仲山はガッチリスリーパーにとらえる。内藤はこらえきれず後ろに倒れ、タップ。1R1分17秒、スリーパーホールドで仲山が勝利を収めた。

 1Rでの一本勝ちで勝ち点4を獲得した仲山は合計7点となり勝ち点6のTOMAを抜いてトップに立った。

仲山はケージに上り勝利をアピール(撮影・荒木理臣)
「田村彰敏が持っていたベルトにたどりつけるように頑張ります」

 仲山は試合後のマイクで「1戦目に勝った後、このリーグ戦は田村彰敏とともに戦うと言った。あと一戦、年末の試合も勝って田村彰敏が持っていた修斗のベルトにたどりつけるように頑張ります」と優勝を誓った。

 仲山と田村は同じ「総合格闘技津田沼道場」で切磋琢磨した仲。田村は第6代修斗世界ライト級王者。今年2月のパンクラスでの試合後に急性硬膜下血腫により緊急手術し、引退した。