初恋に悩む男子大学生「彼女との関係がなくなるのが怖いです」【黒田勇樹のHP人生相談 74人目】
 こんにちは、黒田勇樹です。ひたすら脚本を書く日々を送っております。最近、脚本を書く時に自分に新しいルールを課すことにしました。それは「途中で人に感想を聞かない」ということなんですが、不安です。でも書くスピードは速くなりました。さて、どんな脚本に仕上がるのか…。

 ちなみになんですが、今回からコラムの数え方を「第〇回」から「〇人目」に変えることにしました。ご報告まで。では今週も始めましょう。

ススキススースさん(男性20歳)のお悩み
「この年で初めて好きになった人なので、勝手がわかりません」


 はじめまして、ススキススースと申します。

 現在自分は大学生なんですが、春学期だけの授業で一緒になった女の子が気になっており、周りの協力もあってか連絡先を入手しその 後も自分が企画した食事会などで運良くも意気投合し、彼女が行きたいといってた水族館に二人で行くことができました。

 そのときの相手の反応は十分楽しそうにしてくれいる感じでうまくいくんじゃないか・・・と思っていました。

 そこから一か月ほどボチボチ連絡をとり続けてはいますがこれといって進展には向かっておりません。

 連絡はしっかり返してくれるのですが頻度は多くなく、直接授業で会うとよそよそしかったり、試験前に一緒に勉強しよう! といった誘いも急用か何かでその前日に断られてしまいました。

 彼女は人望が厚いタイプなのでこのまま試験が終わり夏に入ってしまえば、そのままなし崩しで関係がなくなるかもしれないと思うと怖くて仕方がありません。

 この年で初めて好きになった人なので、勝手がわかりません。

 僕はまた別日に誘っても大丈夫なのでしょうか 焦るべきではないのか 今後どうすべきか 是非黒田さんのご意見をお聞かせください。

 長文失礼しました。


黒田勇樹「運命が自分の恋愛に味方してくれるタイミングを待つんですよ!」

 チャーンス! 大丈夫だ、チャンスはまだある! 但し、それがいつ来るかはわからん!

 ハッハッハ、こんにちは、チャンスマンこと黒田勇樹です、相談ありがとう!

 初めて好きになった人! いいね、いいね! おじさん、応援しちゃうよ!

 恋愛って「彼女欲しい時に彼女作る」のも「好きな人と結ばれる」のも、そんなに難しくないんだけど「こっちの都合がいいタイミングに好きな人と付き合う」のは、とっても難しいのよ。

 彼女欲しいだけなら相手は選ばない、とか、好きな人と付き合いたかったら相手にタイミングが来るのを待つか、とか、大体この二択なワケです。

 タイミングっつーのも「相手に彼氏や好きな人がいないとき」やら「ホルモンのバランスが恋愛したいとき」「仕事、学業に夢中じゃないとき」とか色んな要素があって、相手を決めてかかるなら、それが来るのをじっと待たなきゃいけない。

 おじさんは、好きになってから3年後に付き合った子とか、出会った時は彼女の友達だったから我慢してたけど、別れてからセフレにした子とかいっぱいいるから諦めないでいいと思うよ!

 今回の相談のケース、デートし始めた頃は「相手も彼氏が欲しい時期」で、そっから少し時期が経って今は「彼氏が欲しくない時期」に突入したと、みます。

 その理由が「他に彼氏できたから」なのか「ホルモンのバランスが変わった」「家族に体調の悪い人が出た」なのか。

 ぶっちゃけ今までのデートで何かしでかしてて「彼氏候補のリストから外れた」としてもそれはあんま気にしなくていいです。1回は、その候補に上がれてるんだからまた必ずチャンスは来ます。まあ、いつになるかはわかんないし、それまでに相手が「一生添い遂げる相手」を見つけちゃったらゲームオーバーですが。

 大切なのはずっと好きでいること。好きな食べ物とか趣味とか覚えてたりさ、ふとその子が好きな海外アーティストが来日した時に「○○好きだったよね? 一緒に行かない?」とか連絡してみたり、相手が好きなジャンルのレストランで美味しいとこ見つけたり、そういう運命が自分の恋愛に味方してくれるタイミングを待つんですよ!

 なかなかずっと誰かのことを考えてるって出来ないことだから、相手から見て「自分の都合がいい時」に連絡が来ると、それだけで好意ってしっかり伝わるのよ。

 で、その好意が、運良く「相手のタイミングがいいとき」に伝わったらまたデートしてくれるから。

 タイミング悪い時に連絡しすぎて、嫌われるよりは、焦らず距離感保ちながら好きでい続けること。おじさんはこれをオススメしますがどうでしょうか? 一旦ここまでの感想聞かせて。次に相談者さんがすべきことを考えます。

 あと、「人望が厚い」と「夏になればなし崩しで連絡がなくなる」の因果関係がわかんないからそれも教えて。

 お返事お待ちしています。
<人生相談の宛先はこちら
黒田勇樹に相談したい方はメールにて相談内容をお送りください。メールには「ニックネーム、性別、年齢、ご相談内容」をご記載ください。メールアドレスは「sodan@tokyoheadline.com」になります。

<過去の人生相談はこちら>
▼不倫に悩むシングルマザー「本当に私も彼も最低です」【黒田勇樹のHP人生相談73人目 その2】http://www.tokyoheadline.com/185612/

▼46歳シングルマザー「既婚者とのグレーな関係にもやもやしています」【黒田勇樹のHP人生相談73人目】http://www.tokyoheadline.com/184960/

▼30代女性「このままモヤッとした状態が続いたら襲ってしまいそうです」【黒田勇樹のHP人生相談 第72人目】http://www.tokyoheadline.com/183973/
黒田勇樹(くろだ・ゆうき)
1982年、東京都生まれ。幼少時より俳優として活躍。主な出演ドラマ作品に『人間・失格 たとえば僕が死んだら』『セカンド・チャンス』(ともに TBS)、『ひとつ屋根の下2』(フジテレビ)など。山田洋次監督映画『学校III』にてキネマ旬報新人男優賞などを受賞。2010年5月をもって俳優業を引退し、「ハイパー・メディア・フリーター」と名乗り、ネットを中心に謎の活動を開始。2012年3月には自身のことを記録した『非俳優生活100days』を刊行。 現在は「廃優」と名乗り、俳優業に復帰しているとの噂も。

公式サイト:黒田運送(株) http://yuukikuroda.com
Twitterアカウント:@yuukikuroda23

<最近の黒田くん>



脚本を担当してます! 一人芝居ミュージカル短編集vol.3「悪妻の弁明」
【日時】9月2〜12日【会場】新井薬師Special Colors

https://note.mu/rickytickyasu/n/n20940454c468


「ファンクラブ始めました!」
https://camp-fire.jp/projects/view/10006



「更新頻度アップキャンペーンちゅう!」
http://ameblo.jp/kurodax-blog