芸術の秋はアートを身近に感じよう! 丸の内で若手作家の現代アート展/9月8日(金)の東京イベント

「アートアワードトーキョー 丸の内 2017」本日8日スタート
〈大山椒魚濁流図屏風〉丹羽優太(京都造形芸術大学)/展示会場:新東京ビル1F エントランス
 若手アーティストの発掘・育成を目的とした現代美術の展覧会「アートアワードトーキョー 丸の内 2017」が24日まで丸の内・有楽町エリアで開催。
〈おてんば納涼図〉奥村 彰一(多摩美術大学大学院)/展示会場:行幸地下ギャラリー
 全国の主要な美術大学・芸術大学・大学院17校の卒業修了制作展を訪問し、2500点以上の中から発掘したノミネート作品114点より、さらに厳選した20作品の卒業制作を展示する。最終日となる24日には、審査員による最終審査も実施。グランプリや審査員賞など全11賞を決定する。

 通勤時間やお出かけタイムを活用して、若い才能に刺激をもらってみては。

※作者大学名は2017年3月卒業・修了時点のもの
〈Fake fur〉青野真澄(日本大学芸術学部)/展示会場:新丸ビル3Fアトリウム
「アートアワードトーキョー 丸の内 2017」
【開催日】9月8日(金)~9月24日(日) 会期中無休
【時間】11~21時
【場所】行幸地下ギャラリー、新有楽町ビル1F 中央ゾーン、新東京ビル1F エントランス(東京国際フォーラム側)、新丸ビル3F アトリウム
【入場】入場無料
【URL】http://www.artawardtokyo.jp/2017/