新戦力が躍動! 日本が6大会連続W杯出場決める

8月31日、オーストラリア戦で先制ゴールを決めた浅野(写真:アフロ)
「2018 FIFAワールドカップ(W杯)ロシア」のアジア最終予選「日本代表vsオーストラリア代表」(8月31日、埼玉・埼玉スタジアム2002)で、日本は2−0で勝利を収め、6大会連続のW杯出場を決めた。

 最終予選の初戦で敗れたチームの本戦出場の可能性は0%というジンクスを破ったどころか終わってみれば首位での突破。最終予選ではオーストラリアには1度も勝てていないという負の歴史も断ち切ってみせた。

 日本は右ひざの手術で代表を離れていたキャプテンの長谷部が復帰。その長谷部を先頭にピッチに入場したイレブンの中には本田、香川といったビッグネームの名前はなし。浅野、井手口といった若い世代が先発に名を連ねた。試合は左サイドで乾が躍動し、山口蛍と井手口が中盤で安定した守備を見せる。前半41分には左サイドからの長友のクロスにドンピシャのタイミングで相手DFの裏に飛び出した浅野がボレーシュートを決め先制。後半37分には原口が粘ってつないだボールを井手口がドリブルで中央に持ち込み豪快なミドルシュートを決めオーストラリアに引導を渡した。

 試合後の会見場では見事にW杯出場を決めたハリルホジッチ監督をメディアが大きな拍手で迎える。壇上で深々と頭を下げて感謝の意を見せた監督だったが、サポーターへの感謝と選手、スタッフを称える言葉を述べた後に「プライベートなことで大きな問題がある」ことを理由に報道陣の質問を受けることなく会見場を後にした。
9月5日、サウジアラビア戦で先発した本田(左)は精彩を欠く動き(撮影:蔦野裕)
翌日会見で続投明言

 もしや辞任か?という憶測も流れる中、翌日、改めて会見が開かれると監督は謝罪後に、改めて「私はここで仕事を続ける」と続投を明言し、「今のチーム状況ではW杯で結果を残せない。いい準備をしていきたい」などとW杯へ向けての課題など約1時間にわたって“独演会”を繰り広げた。

 日本代表は5日にはアウェーでサウジアラビアと対戦。数字上は消化試合ではあるが、選手にとってはもう本戦に向けての選考レースは始まっている。

 ピッチ上は気温が30度を超え、湿度も70%という過酷なコンディション。また、ここで勝てばW杯出場が決まるサウジアラビアは、サルマーン皇太子が試合のチケットを買い占め自国のサポーターに配布したことから会場は異様な盛り上がりを見せる中での厳しい戦いとなった。

 この日は豪州戦でスタメンから外れた本田が右サイド、岡崎が1トップで先発した。しかし本田は状況判断の遅さからパスミスを連発。ドリブル突破もほとんど成功せず精彩を欠き、前半で交代した。岡崎は前線でボールを収める役割を果たせずこちらも精彩を欠いた。

 日本は豪州戦同様、速攻中心に攻撃を組み立てたが、前半は守り重視の戦いを見せたサウジを崩せない。サウジは後半になって攻撃に転じると、18分にムワラドが先制ゴール。日本は杉本、久保とFWを投入し、ゴールを狙うが、最後まで引いて守るサウジを崩せなかった。

 今後の日本代表は10月に「キリンチャレンジカップ2017」でニュージーランド(6日、豊田スタジアム)、ハイチ(10日、日産スタジアム)と対戦する。また注目のロシアW杯の組み合わせ抽選会は12月1日に行われる。
W杯出場を決めた翌日(9月1日)、ハリルホジッチ監督は“絶口調”で続投を明言