世界柔道で日本が男女混合団体初代王者に

金メダルに沸く日本チーム(写真:CTK Photobank/アフロ)
 柔道の世界選手権が8月28日〜9月3日の日程でブダペストで行われた。最終日には2020年東京五輪の新種目として採用され、今大会で初めて実施された男女混合団体戦決勝でブラジルに完勝。初代王者に輝き有終の美を飾った。

 日本は個人戦では男女合わせて国・地域別で最多となる金メダル7個を含め、12個のメダルを獲得。

 初出場で頂点に立った20歳で男子66キロ級の阿部一二三(日体大)、女子48キロ級の渡名喜風南(帝京大)、52キロ級の志々目愛(了徳寺学園職)、男子73キロ級の橋本壮市(パーク24)、100キロ級のウルフ・アロン(東海大)と初出場の5選手が金メダルを獲得。若い力が台頭し、3年後に自国開催される東京五輪へ向けて好スタートを切った。


8連覇を成し遂げたリネール(写真:CTK Photobank/アフロ)
 男子100キロ超級ではオリンピックで2大会連続金メダルのテディ・リネール(フランス)が前人未踏の8連覇を達成した。日本は男子100キロ超級でリオ五輪銀の原沢久喜(日本中央競馬会)、全日本王者で初出場の王子谷剛志(旭化成)、男子100キロ級でリオ五輪3位の羽賀龍之介(同)が敗者復活戦にすら回ることができない惨敗。こちらは大きな課題を残した。