【今日も食べ過ぎ東京グルメ探偵】上州和牛専門店 ぐんま育ち(浅草)

 おいしいものがあると聞けば、調査に行かずにはいられない「東京グルメ探偵」。メタボを気にしつつも食べ過ぎてしまうのがたまにキズ。さて、今日のタレコミは…?
ぐんま育ちの日替わり希少部位 リブ芯 (3200円)
 群馬の美味しいものが食べられる店が浅草にオープン!コンセプトはずばり“群馬押し”。群馬県内の農産物をアピールするために、同県で育てられたブランド牛・上州和牛を中心としたメニューが楽しめるのだとか。期待が膨らむ〜!


刺身こんにゃく(480円)
 まず初めに、群馬と言えばの「刺身こんにゃく」をオーダー。プレーンと青のり入りの2色のこんにゃくを酢味噌につけていただく。柔らかすぎず、歯ごたえの残るこんにゃくは、スーパーで買ったものとは、まるで別物。独特の匂いもまったくなく、繊細かつ素朴な味わい。こんにゃくって、こんな味だったんだ…と驚きさえ感じる。輪切りレモンがたっぷり3枚入った、国産レモンサワーを飲みながら続いて「もつ煮」をオーダー。メニューにあれば必ず食べる「もつ煮」フリークの探偵としては、ぜひとも味を確かめたい。豚もつをちょっと辛めに煮つけ、しめじとこんにゃくが入った一品は、レモンサワーとの相性も抜群。いろいろな部位のもつは、もちろん臭みなどなく、しっかり煮込まれており、ちょうどいいあんばい。そのほか前菜代わりのメニューを数点楽しんだところで、いよいよ上州和牛とご対面!
もつ煮(480円) 
「炙りローストビーフ」と「ぐんま育ちの日替わり希少部位」(この日はリブロース芯)、「上カルビ」「葱赤焼き」を一気にオーダー。「炙り〜」は、すでにローストビーフであるからして、片面を5秒ほどさっと焼けばすぐに食べられる。これがまあ、うまいのなんのって。和牛のローストビーフを焼き肉で食べるなんて、初めての経験だったが、しっとりとした肉に軽く香ばしさが加わるだけで、こんなにも素敵なものになるなんて!


炙りローストビーフ(1380円)
 そして本日の希少部位。ステーキのようにデカいリブ芯を鉄板に乗せ、焼き過ぎないように細心の注意を払い、両面を焼く。真剣に肉を見つめる、ここだ!というタイミングでお皿にとり、ワサビをちょいとつけいただく。上質な油が、舌の上を滑り、とろけた肉がのどを通る。ミルキー&ジューシー。感動もののおいしさにしばし無言になってしまった。そのほかの肉も単品で、また注文してから釜で炊き上げた群馬県産のプレミアム米「利根きらり」と一緒にペロリと完食。群馬の食材のすごさを知りたい人におススメの店に認定!
上カルビ(1380円)
上州和牛専門店 ぐんま育ち
【住所】台東区浅草1-34-4
【営業時間】11〜22時30分(L.O.21時30分)
【定休日】第3火曜日
【TEL】03-6860-0222
東京駅の丼ナンバーワンを決める
知られざる島の宝をメニュー化「国境離島グルメフェア」開催
恵比寿から食のトレンドを発信!「GEMS恵比寿」
【今日も食べ過ぎ東京グルメ探偵】Meat & Bakery Tavern(中目黒)
人気のプライムリブ専門店でアメリカ食材のコースメニューを楽しむ(恵比寿)
限定メニュー「3種のバーガー」を人気のテラスで味わえる(六本木)