チャップリンから小松政夫まで! “したまち”に根付く映画祭、開幕/9月15日(金)の東京イベント
『第10回 したまちコメディ映画祭in台東』18日まで開催
メインビジュアル (C)いがらしみきお/「したまちコメディ映画祭in台東」実行委員会
 上野・浅草の“したまち”エリアで開催される、毎年恒例の映画祭『したまちコメディ映画祭in台東』、略称“したコメ”が本日から開幕。10回目を迎える今年も“したまち” “笑い” “映画”の魅力が融合する、多彩な作品上映やイベントが満載。
オープニングセレモニー&上映/特別招待作品『blank13』 (C)2017「blank13」製作委員会
 オープニングセレモニー&上映の特別招待作品の『blank13』では、監督を務めた齊藤工や主演の高橋一生らも来場予定(当日券の販売無し)。

 他にもニコラス・ケイジが狂気の愛国オヤジに扮する特別招待作品『オレの獲物はビンラディン』や人喰い人魚の恋を描く『ゆれる人魚』など、個性豊かな豪華作品が多数上映。吉田類の人気シリーズ「今宵、ほろ酔い酒場で」の特別上映イベントも、したまちにぴったりな企画だ。
特別招待作品『オレの獲物はビンラディン』 (C)2016 AOO Distribution, LLC. All rights Reserved
 したコメならではの人気企画も充実。豪華声優陣が名作サイレント映画に合わせライブで“口演”を行う「声優口演ライブ」。今年は「没後40年チャップリン特集」。

 また、今年の「コメディ栄誉賞」を贈られるのは、テレビバラエティの隆盛から黄金期を支えた小松政夫。人気アーティストとのコラボが繰り広げられる「クロージングセレモニー&イベント小松政夫リスペクトライブ」も楽しみ。

 16日には豪華ゲストが来場するレッドカーペットも盛大に開催。この機会に、ぜひ下町文化と映画を一緒に楽しんで。
声優口演ライブ 没後40年チャップリン特集 (c)Film Presevation Associatesni 映像協力:KADOKAWA
【期間】9月15日(金)~18日(月・祝)
【会場】上野地区:東京国立博物館 平成館、上野恩賜公園野外ステージ(不忍池水上音楽堂)/浅草地区:浅草公会堂、雷5656会館 ときわホール
【URL】http://www.shitacome.jp/2017/