木村ミノルが前日会見で久保優太に「F××K OFF!」【9・18 K-1】
トーナメントに出場する渡部太基、モハン・ドラゴン、山際和希、メルシック・バダザリアン、塚越仁志、ハン・ウェンバオ、久保優太、木村“フィリップ”ミノル(左から)
木村「彼と彼のトレーナーに地獄を見せます」
「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN〜初代ウェルター級王座決定トーナメント〜」(9月18日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ)の前日計量が17日、都内のホテルで行われ、出場選手全員がクリアした。

 続いて会見が行われ、「初代ウェルター級王座決定トーナメント」に出場する8選手が勢ぞろいした。

 カード発表から同門対決が話題となってきた久保優太と木村“フィリップ”ミノルはこの日も好対照な姿を見せる。

 最初の挨拶では木村は「横に僕が思う世界最強の男がいるので、いい練習ができた。僕は相手が強ければ強いほど燃えるのですごく楽しみ。この1年、誰よりも苦しい思いと嫌な思いをしてきたと思うので、明日は何があっても最後までリングをどくつもりはない。何があってもずっとリングに立っています」と久保へのリスペクトを見せる。しかし久保の「このトーナメントは僕の格闘技人生の集大成。最近結果が出せていないので、僕が一番強かった時代に教えてもらっていた矢口トレーナーに“もう一度、世界チャンピオンにしてください”と懇願して練習してきた」という話を聞くと「今回、お互いに1個のジムを離れて、もう一度そのトレーナーさんに教えてもらうというのは、僕の中では敵が増える感じ。それを聞いて今、正直、彼に気持ちはない。殺そうと思います。俺は一匹狼で新しい家族を背負ってここまで来ました。彼がそういうことをするなら完膚なきまでに、彼と彼のトレーナーに地獄を見せます。FUCK OFF!」と一気に豹変した。
会見では隣に座ることとなった久保(左)と木村
久保は「試合になればスイッチが入る」と飄々
 久保は「いつも試合前まであまり緊張感がなくて、試合が始まったら自分の中でスイッチが入る。55戦をやっていますが、前日は(計量が終わって)やっと飲み物が飲めた、ご飯が食べられる、とそれだけ。明日はどういう自分になるか分からないが、今までのように試合になればスイッチが入ると思う」とこちらはいつもの久保のままだった。

 激闘派揃いといわれるトーナメントを象徴するカードなのが1回戦の第1試合で行われるモハン・ドラゴンvs渡部太基。

 モハンは「K-1は私の夢の舞台K-1で新たな歴史のページを作りたい。最年長で優勝して見せます。30代でキックボクシングを始めて、40代でK-1世界チャンピオンになってみせたい。(渡部戦は)一番盛り上がる試合になるのは間違いない」と前がかり。一方の渡部は「やるべきことはやってきた。1試合1試合全力で戦う。盛り上げたうえでしっかり倒して勝ちます」と務めてクールに返した。