武尊「つまんないこと言ってないでバチバチやろうぜ」【9・18 K-1】
武尊(左)は早くも戦闘モード
武尊「ベルトを守る試合はしない。楽しんでぶっ倒したい」
「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN〜初代ウェルター級王座決定トーナメント〜」(9月18日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ)の前日計量と会見が17日、都内で行われた。

 スーパーファイトで初防衛戦に臨むK-1 WORLD GPフェザー級王者の武尊は「明日は初防衛戦ですけど、ベルトを守る試合はしない。攻めてもう一度このベルトを取りに行くつもりで試合をしたい。防衛戦ということをあまり意識せずに、僕がやりたい戦いをやって、思いっきり楽しんでぶっ倒したい」と話した。そして「ガードを強化する練習をしてきた」という挑戦者のワン・ジュングァンの言葉に対し、「そんなつまんないこと言ってないでバチバチ打ち合ってくれよって感じですね」と返した。
武居(左)と伊澤。計量と会見では空気ががらりと一変
武居と伊澤が生み出す独特の世界観
 王座戴冠後、初の試合となるK-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者・武居由樹は中国英雄伝説世界-57kg級王者の伊澤波人と対戦する。

 この2人、カード発表会見の時から不思議な雰囲気を醸し出す。この日も…。
 伊澤「たくさん練習してきたので、ただそのやってきた練習の成果を皆さんに見せるだけ」
 武居「体調はバッチリなので、台風18号よりも激しい試合をしたい」
 伊澤「結局、僕はローキックなので、右も左も相手を倒すために凄くいっぱい磨いてきました」
 武居「伊澤選手はこう言っていますが、多分ローだけじゃなく上も蹴ってくると思うので、全部の蹴りの対策を練って準備してきました。はい」
 伊澤「はい。上も蹴ります(笑)。お腹も蹴ります。全部蹴ります(笑)」
 と絶妙にかみ合うやりとりを展開した。
皇治(右端)は他の選手を挟んで島野(左端)を挑発
皇治「K-1を大阪でやってもらえるようにがんばらなあかん」
 今回も会見を盛り上げたのは皇治。対戦する島野浩太朗に対しては計量時からとことんおちょくりまくる。会見でも「今日は無茶苦茶調子いい。ただ隣の外国人(セルジオ・サンチェス)が怖くて(笑)。対戦相手については何も言うことはない。えらい緊張して気合入ってるみたいだし、ええちゃうんかなと思って。ただもう少しおもろいこと言ってほしいかな。それくらいと日菜太選手の対戦相手はもう少しスマイルを覚えると日本でも受けるよって(笑)。スマイル、スマイル、OK?」といつもの皇治ワールドを展開。

 しかし最後にはこの日、栃木の「Wolf Kick Boxing Gym」が「K-1 GYM WOLF」となったことに触れ、「自分も大阪から来とるんやけど、さっきどっかの兄ちゃんも“地方から”って言うとった。地方から必死こいて頑張っている奴はたくさんおるし、だからそいつらがちょっとでもK-1という素晴らしい舞台に上がれるように、そしてK-1を大阪でやってもらえるように俺はがんばらなあかんなって思っとるから、明日はそこのマルコメをひっくり返して、K-1を大阪に持って帰ろうと思っています」と話した

 言われっぱなしの島野は「楽勝と言われてますが、明日はマットに沈めたい。面白いことはすべて明日のリングで見せようかなと思っています。勝ってたくさん喋ります」と静かに闘志を燃やしていた。
新しく3つのK-1ジムがオープン。左から久保、戸邊、宮田氏、高木の3代表(左から)
自由が丘にK-1ジム初の女性専用のフィットネスジム
 出場選手たちの会見の前に宮田充K-1プロデューサーから2つの発表がされた。

 ひとつはテレビ東京のK-1情報番組「新K-1伝説」が10月7日からテレビ愛知とテレビ大阪でもレギュラー放送されることが決定した。

 また新たに「K-1ジム蒲田」(代表・久保賢司)、「K-1ジム自由が丘」(代表・戸邊隆馬)、「K-1ジム栃木」(代表・高木慎一)の3つがオープンすることが発表された。

 久保は五反田の代表を兼任する。自由が丘はK-1ジム初の女性専用のフィットネスジムで、昨年引退した戸邊氏が代表を務める。「強く優しく美しく」をコンセプトとし、プロ選手の育成は行わないという。栃木は「Wolf Kick Boxing Gym」が名称を変更。同ジムに所属する覇家斗がKrushに参戦していることがきっかけとなって今回の運びとなったという。

 これでK-1ジムは全国に15個を数えることとなった。