震災復興で生まれた巨大移動式ホール「アーク・ノヴァ」が東京ミッドタウンに登場/9月19日(火)の東京イベント

「ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ 2017 in 東京ミッドタウン」本日19日開幕
 2013年から東日本大震災の復興支援として各地をめぐり、延べ1万9千人を動員した巨大な移動式コンサートホール「アーク・ノヴァ(ARK NOVA)」が東京で初披露される。これにあわせて、演奏会やアート系映画の上映などを行う期間限定イベントが10月4日まで東京ミッドタウンにて開催される。
「アーク・ノヴァ」は、伝統あるスイスの音楽祭「ルツェルン・フェスティバル」と、日本で海外オーケストラの招聘などを行う音楽事務所「KAJIMOTO」が、東日本大震災の復興支援のために発案し、世界的建築家の磯崎新と英国人彫刻家のアニッシュ・カプーアによってデザインされた、巨大な移動式コンサートホール。高さ18m、幅30m、奥行36mのホール内に494名を収容できる。


 会期中は、「アーク・ノヴァ」を東京で初めて16日間展示。内部の一般公開や「アーク・ノヴァ」内での映画上映の他、30日の六本木アートナイトでは、「アーク・ノヴァ」に携わった磯崎新、ルツェルン・フェスティバル芸術総監督のミヒャエル・へフリガー、KAJIMOTOの梶本眞秀代表によるトークイベントや、ミニコンサートが行われる。

 震災後、被災地に音楽と希望を届けた移動式ホールを、実際に体験してみよう。
<東京ミッドタウン開業10周年記念イベント>
「ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ 2017 in 東京ミッドタウン」
【開催期間】9月19日(火)~10月4日(水) 荒天中止
 ※18時~23時はライトアップ ※日程により一部演出が異なる場合あり
【場所】ミッドタウン・ガーデン 芝生広場
【東京ミッドタウンホームページ】http://www.tokyo-midtown.com



「アーク・ノヴァ」一般公開
【日時】9月20日(水)~24日(日)、30日(土)、10月1日(日) 13~18時
※9月22~24日は21時30分まで。30日は23時まで開館延長。※最終入場は閉館時刻の30分前
※10月1日(日)15時30分~17時は「六本木アートナイト スペシャルプログラム」のミニコンサートを開催。開演中の入場は不可。
【料金】 500円(小学生以下無料)


アートシアター(「アーク・ノヴァ」内での映画鑑賞会)
【日時】9月22日(金)~24日(日) 18時30分受付開始 19時上映開始
【定員】300名
【料金】500円(小学生以下無料)
【上映作品】 9月22日(金)「アメリ」(2001年)/23日(土)「オペラ座の怪人」(2004年)/24日(日)「ビッグ・アイズ」(2014年)