武尊が初防衛に成功、大雅はまさかの1RKO負け【9・18 K-1】

初防衛に成功も判定勝ちに笑顔はなしの武尊(撮影・辰根東醐)
武尊対策ばっちりのワンが善戦
「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN〜初代ウェルター級王座決定トーナメント〜」(9月18日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ)のスーパーファイトに武尊、武居由樹、大雅の3王者がそろい踏みしたが、明暗を分けた。

 初防衛戦に臨んだフェザー級王者の武尊は中国のワン・ジュングァンと対戦。激しい打撃戦の末、判定で初防衛に成功した。

 武尊はボディーへのヒザ蹴りを多用、ボディフックと合わせワンを追い込むが、徹底した武尊対策を研究してきたワンは武尊の攻撃を止めるべく前蹴り、距離が狭まるとプッシングで連打を許さない。
武尊(右)とワンのパンチが交錯(撮影・辰根東醐)
「チャンピオンとして最低限の仕事しかできなかった」判定決着に笑顔はなし
 武尊の手ごたえのある攻撃がいくつも入るがタフなワンは逆襲。最後まで打ち合った2人だったがともに倒すことはできず、試合は判定に。30-29、30-29、30-28の3-0で武尊が初防衛に成功した。

 武尊は試合後「チャンピオンとして最低限の仕事しかできなかったなってモヤモヤしている。相手は気持ちが強いのは分かっていた。攻撃よりも気持ちの強さを感じた。倒せるかなと思ったんですけど、今日は勝って勉強だなと思いました」と振り返った。

ローを狙う伊澤を武居の強烈なパンチが襲う(撮影・辰根東醐)
武居は伊澤のローキックを完封
 スーパー・バンタム級の武居は伊澤波人と対戦。試合は“無限ローキック”といわれる伊澤のキックを武居がどう攻略し、得意のパンチの展開に持ち込むのかが焦点。

 武居は1Rから足を使い、伊澤にローを当てさせない。パンチの連打に飛びヒザも繰り出すが、伊澤はがっちりガード。なおも伊澤はプレッシャーをかけてローを蹴りにいくが、武居の足は止まらない。2R以降も、伊澤はローを繰り出すが、きっちりと対策を練ってきた武居は致命的な攻撃はもらわない。逆にガードの高い伊澤のボディーを狙いフック、ストレートで着実にダメージを与えていく。

 そして3R。武居はボディーへの連打から左ハイキックでダウンを奪う。立ち上がった伊澤をコーナーに詰めパンチのラッシュで2度目のダウンを奪う。立ち上がった伊澤は打ち合いに来るが、ここでもパンチのラッシュから最後は左フックで3度目のダウンを奪い、KO勝ちした。

 試合後、武居は「蹴りの対策はしていた。試合中、伊澤選手からの圧力が凄かった」と振り返ったが、伊澤は「武居選手は凄く強いなと思った。ローも凄く対策されていて、まったく入らなかったので、焦って、全然ダメだった。一発もいいローは入ってないと思う。距離の作り方、フェイント、すべてにおいて僕が読まれていて、武居選手はマジで強かった。完敗です」と話した。
スタウロス(右)の豪快な飛びヒザがさく裂(撮影・辰根東醐)
大雅「一発もらってから覚えてない。完敗」
 スーパー・フェザー級の大雅は“鉄の拳”の異名を持つギリシャのスタウロス・エグザコスティディスと対戦。1Rに3度のダウンを奪われ、まさかのKO負けを喫した。

 試合開始早々、大雅はスピードでスタウロスを圧倒。コーナーに詰めパンチの連打。これをがっちりガードしたスタウロスが放った左フックをまともに食らい大雅がダウン。立ち上がったもののダメージが濃い大雅。スタウロスは追撃の右ストレートで2度目のダウンを奪う。なんとか立ち上がった大雅だったが、最後はスタウロスが左フックを決め、3度目のダウンとなり1R2分41秒、KOで王者をリングに沈めた。

 大雅は試合後「一発もらってから覚えてない。完敗。絶対にリベンジしたい。こんな結果になってすみません」と話した。