【インタビュー】Dream Ami ソロ初アルバムリリース「ソロの自覚、芽生えてきた」

スタイリスト・後藤則子(Post Foundation Inc./ヘアメイク・福田翠(Allure)/撮影・蔦野裕
 アーティストのDream Amiが10月4日、ソロとしては初めてとなるアルバム『Re: Dream』をリリースする。『トライ・エヴリシング』『はやく逢いたい』などシングル曲を軸に、タイトル曲を含め新曲を3曲収録した充実の作品だ。「納得の出来」と本人も太鼓判の本作について聞いた!


「音楽を作っているという感覚は今まで以上にある」

――ソロ初となるアルバム『Re: Dream』が10月4日にリリースされます。今の気持ちは?

 アルバムまで出せるソロ活動になるとは、ソロデビューした時には考えていなかったので素直にすごくうれしいですし、ここからまた気持ちを引き締めて、ソロとして自立していけるように頑張らないとと思っています。

――ソロ活動に専念してしばらく経ちます。ご自身のなかで変化はありますか?

 振り返ってみても音楽活動に対してこれほど向き合ったこはありませんでした。ここ最近になってようやく、音楽と自分がしっかりと結びついてきた感じがします。これまでは与えてもらったものを自分なりに表現していく役目だったと思うのですが、ソロになってからは何をするにしても自分発信なんです。どの曲を歌うのか、どういう歌詞を歌うのかということも、自分の気持ちや意思が必要になってきます。自分で作詞をするのか、作家さんにお願いするのか、そういうところも自分から始まるので、音楽を作っているという感覚は今まで以上にありますね。


「ソロとして自立するには作詞は不可欠」

――ソロ作品ではこれまでも作詞しています。ソロ活動と作詞はセットだったのでしょうか?

 いつか作詞をしてみたいうあこがれはグループの時からありました。でもなかなか実現するチャンスがありませんでした。ソロ活動を始めてから少しずつ挑戦させてもらってきたので、ソロとして自立するには作詞は不可欠という意識はありました。初めての時は、とりあえずやってみようということでしたけど、意外に…まあ私を前にしてなので社交辞令もあるんでしょうけど(笑)、褒めてくださったり、自分の自信につながるような言葉をいただけたんです。それの繰り返しで今に至っています。作詞することでソロアーティストとしての自覚は芽生えてきているかなと思いますね。

――タイトルトラック『Re: Dream』も作詞されています。この曲からはAmiさんの決意を感じます。

 先にアルバムのタイトルがあって同じ題名のリード曲を作りたいというのがありました。夢をテーマに作詞するのは2度目だっのですが、アルバムにこのタイトルを付けた想いだったり、これまで自分が通ってきた道や、どうやってあの試練を乗り越えたんだったかな、あの経験で得たものは大きかったなとか、思い出しながら歌詞に落とし込みました。

――Amiさんのドキュメンタリーのようにも感じたのは、そのせいかもしれないですね。

 そうかもしれません(笑)。


「方法は変わっても、自分の根底にあるもの、活動の芯の部分は変わらない」

――『Re: Dream』というアルバムタイトルは先に決まっていたんですね。

 そうです。タイトルは、意外と悩まずにパっと決まりました。迷いがあったとすれば、Dreamという言葉を入れるか入れないかというところぐらいです。E-girlsを卒業して、Dreamもステージで歌うということについては、いったん区切りをつけたタイミングだからこそ、Dreamという言葉を出すのもいいなと思ったんです。ひとりになって表現の仕方も変わっていくけれど、自分の根底にあるもの、活動の芯の部分は変わっていないんだよということが、伝わればいいなという思いもあります。

――制作にあたって、どんなアルバムにしたいと考えていましたか?

 テーマを決めてというよりも、自分が表現したいものを作りたいと思っていました。ただ、やりたいこととはいっても、今の自分がやらなければならないこと、自分に足りていない部分を補ないたいとトライした曲もあります。これまでのDream Amiでは踊る作品がなかったので、そういった曲があればいいなと思いもありました。

――間もなく、このアルバムがファンのみなさんのところに届きます。手応えはありますか?

 手応えは……分からないですけど、自分の中では納得のできあがりです。聞いていだたいた方それぞれのなかで曲が変化していくのかなと思います。

――11月にはツアー『Dream Ami 1st Live Tour 2017 ? Re: Dream』がスタートしますね。
 
 ライブについても、自分が始めなければ誰がやるって感じです(笑)。やることが多くなって大変ではありますが、楽しみです。


(本紙・酒井紫野)
左から■CD+DVD+BOOK、右上■CDのみ、右下CD+DVD
ソロ 1st Album『Re: Dream』10月4日(水)発売

 ソロとして初となるアルバムはAmiが今やりたいことを詰め込んだ作品。ディズニー映画『ズートピア』日本版主題歌の『トライ・エヴリシング』、映画『ひるなかの流星』主題歌の『はやく逢いたい』、タイトルトラックを含む新曲3曲を含む全17曲を収録している。リリースの詳細とグループの最新情報は公式サイトで。


■CD+DVD+BOOK ※数量限定生産盤 6264円(税込)
DVDにはシングルのミュージッククリップのほか、ドキュメンタリー映像を収録。100P超の初の写真集つき。
■CD+DVD 4104円(税込)
DVDにはシングルのミュージッククリップのほか、ドキュメンタリー映像を収録。
■CD 3240円(税込)
【PROFILE】2002年に女性ダンス&ヴォーカルグループのdreamに加入しデビュー。2011年にガールズエンターテインメントプロジェクトE-girlsの中心メンバーとしても活動をスタートさせた。2015年に『ドレスを脱いだシンデレラ』でソロデビューを果たす。2017年6月5日にDreamが活動休止を発表、7月15日をもってE-girlsを卒業し、ソロに専念した。音楽活動のほか、テレビ番組のMCやラジオのパーソナリティーも務めている。