菜々緒ポーズでニッコリ 2年連続でベストジーニスト

昨年披露した菜々緒ポーズは、赤ちゃんから鹿までトライする人(動物も?)が続出!
 最もジーンズが似合う有名人に贈られる「ベストジーニスト2017」の発表会が2日、都内で行われた。一般投票による一般選出部門では、男性部門で中島裕翔(Hey! Say! JUMP)、女性部門では菜々緒が受賞した。

 菜々緒は2年連続しての受賞となり殿堂入りに王手をかけた。表彰式には、独特なデザインのジーンズで登場。表彰状と盾を受け取ると、「今年もこちらの賞をもらえるとは思ってみなかったのですが、投票してくださったかたに感謝しています。殿堂入りできるように、来年も頑張りたいなと思います」と話し、昨年に引き続き、長い脚と美尻を生かした「菜々緒ポーズ」で笑顔を見せた。

 一方中島は、ここ数年、上位にランクインするものもトップには届かず、今年ついに初受賞。「(ベストジーニスト賞は)諸先輩方がとられてきた賞ですし、僕自身もジーンズが好きで学生のころからよく履いていてので人生で1度はいただけたらいいなと思っていました。(発表会に出席するのは)ライブよりも緊張します」と、大きな笑顔。喜びを爆発させながらも「いただだいたからには殿堂入りを目指して、連続して受賞できるよう、かっこつけずにかっこいいジーンズの似合う人になりたい」とコメントした。また、一般選出部門の男子は10位以内にジャニーズ事務所に所属するメンバーが並んでいたことについてふれ、「ほぼうちの事務所の人でしたね。あとからいっぱい追いかけてきているので負けないように頑張って守りたいと思います」と、意気込んだ。

 協議会部門は、別所哲也、梨花、そして滝沢カレンだった。

 ベストジーニストは、日本ジーンズ協議会がジーンズを切る楽しさをより多くの人に知ってもらう目的で、ジーンズが似合う有名人を表情するもの。1984年にスタートし、今年で34回目。はがきやメールでの投票による一般選出部門と、協議会が選ぶ協議会選出部門のほか、女性を対象で自薦他薦で行われる一般新人賞部門がある。