今見るべき舞台『「表に出ろいっ!」English version“One Green Bottle”』

(アートディレクション:吉田ユニ)
 2010年にNODA・MAPの番外公演として初演された「表に出ろいっ!」が英語版となって上演される。

 登場するのは父、母、娘の3人家族。その夜、3人はそれぞれに絶対外出しなければいけない用事があったのだが、飼い犬が出産間近とあって、誰かが家に残り面倒を見なくてはいけなかった。それぞれあの手この手を使ってなんとか自分だけは家を出ようと画策する3人だったが、その場その場で形勢はころころと変わり、誰も抜け出せないまま時間だけが過ぎていくのだった。

 それぞれが他の2人を欺くための策略がドタバタコメディーのようで笑いを誘うのだが、やがてそれぞれが「信じるもの」が明かされていくうちに、笑いの裏に隠されたテーマが浮き彫りになってくる。

 初演時は父に十八代目中村勘三郎、母に野田秀樹、そして当時はまだ“若手女優”といわれていた黒木華と太田緑ロランスがWキャストで娘役という豪華なキャスティング。

 今回は『THE BEE』に出演するなど、野田が最も信頼を寄せるキャサリン・ハンターとグリン・プリチャード、そして野田という布陣で送る。
『「表に出ろいっ!」English version“One Green Bottle”』
【日時】11月1日(水)〜19日(日)(開演は火木19時、水土14時/19時、金日14時。※1日(水)は19時開演のみ。月曜休演。開場は開演30分前。当日券は開演1時間前)
【会場】東京芸術劇場シアターイースト(池袋)
【料金】全席指定 一般6000円/プレビュー公演(10月29日14時、31日19時) 一般5000円
【問い合わせ】東京芸術劇場ボックスオフィス(TEL:0570-010-296=休館日を除く10〜19時[HP]http://www.geigeki.jp/
【作・演出】野田秀樹
【英語翻案】ウィル・シャープ
【出演】キャサリン・ハンター、グリン・プリチャード、野田秀樹
【演奏】田中傳左衛門 
【英語上演・イヤホンガイト(日本語吹替え付き)イヤホンガイド吹替えキャスト】大竹しのぶ、阿部サダヲ、野田秀樹