TIFF提携企画『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア』秋の上映会

チャン・グンソク監督作品『偉大なる遺産』
 米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)」は、第30回東京国際映画祭との提携企画として、 アンダーズ東京、東京都写真美術館の2会場にて「秋の上映会」を開催。毎年6月に開催されるショートフィルムの映画祭が、ショートフィルムの魅力を広めることと、若手映像作家の育成を目的に、毎年映画祭と連携して開催する“秋の特別版”。
ナオミ・スコット出演『ハロー、アゲイン』
 期間中は、今年新設したCinematic Tokyo部門の優秀賞受賞作品をはじめ、韓国人俳優チャン・グンソクや芸人ゴリが監督したショートフィルムを紹介する「2017年受賞プログラム」や、近年注目されている40代以下の日本人監督のショートフィルムを紹介する「注目のU-40日本人監督」、伊丹十三監督が20代の頃に制作した幻のデビュー作『ゴムデッポウ』など、海外でも評価を得ている日本人監督作を上映する「世界が認める日本人監督」などを上映。
ダン・スティーブンス出演『ベビーシッター』
 人気英国人俳優出演作品も特別上映。『美女と野獣』やドラマ『ダウントン・アビー』で人気のダン・スティーブンス出演作『ベビーシッター』や、『アバウト・タイム』のトム・ヒューズ出演作『思い出の保管場所』、『パワーレンジャー』のナオミ・スコット出演作『ハロー、アゲイン』を上映。
セミナー:黒沢清監督が伝授する演出のポイント
 また昨年も大好評だったセミナーを今年も実施。「黒沢清監督が伝授する演出のポイント」と題し『CURE』から最新作『散歩する侵略者』まで、世界中に熱狂的な支持者“キヨシスト”を持つ黒沢清監督が独自のスタイル、演出法を語る(10月22日15時〜 東京都写真美術館)。
伊丹十三監督の幻のショートフィルム『ゴムデッポウ』(1964年)
『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 秋の上映会』

【開催場所・期間】アンダーズ東京:10月16日(月)〜18日(水)、東京都写真美術館:10月19日(木)〜22日(日)
【チケット】無料(申込方法:ホームページにて先着順で受け付け。当日券あり。※事前申し込みで定員に達した場合は当日券配布は無し)
【URL】http://shortshorts.org/2017/autumn/