【インタビュー】 SWAY がソロデビュー、“禁断のりんご”をかじったシングル『MANZANA』

ヒップホップグループの DOBERMAN INFINITY(D.I.)、HONEST BOYZ(HB)などで活躍する SWAY が 11月1日、シングル『MANZANA(マンザーナ)』でソロデビューを果たす。ヒップホップの名門レーベル、Def Jam Japan からのリリース。SWAY いわく「Def Jamは禁断のりんご」だそうで……。
ヘアメイク・大木利保/撮影・蔦野裕
ーーソロデビューシングル『MANZANA』のリリースが迫ってきました。今のお気持ちは?

こうやってインタビューを受けながら、楽曲についてお話させていただくのは、自分の曲を改めて分解するようなことなんです。そうすると制作していた時や完成の時には分からなかったことに気づくんです。作っている段階は細かい部分に集中しがちですけど、今は、曲の雰囲気であるとか、全体的なところにもフォーカスできるようになってきました。

ーー制作にあたってグループではなく、ソロであるということを意識しましたか?

しましたね。今まではメンバーで責任を負っていたけど、今回は 1 人でやらなくちゃならないってこと。緊張感があります。

ーーこれまでの制作スタイルと変化はありますか?

この「SWAY プロジェクト」では、自分が物語を書いて、自分がリスぺクトするアーティストの方にフローやリリックを書き起こしていただく方法をとっています。プロジェクトが始まった時からやりたいと思っていたやり方です。なぜかというと、これまで 1 人で作ることもやってきたし、ドーベル(D.I)でも、HONEST BOYZ でも、『HiGH & LOW』のTHE MIGHTY WARRIORS でも、いろんなところで自分が作りたい世界を表現させてもらってきました。だから、今回は自分でやるというよりは、いろんな人に混ざってもらってSWAY を作ってほしいというかプロデュースしてほしいみたいなところがあるんです。

ーー自分では気づかない SWAY を発見したいというようなことでしょうか?

そうですね。いろんな人に混ざってもらったことで、それぞれの技というか味みたいなものがあって、その一つひとつが新鮮ですごく勉強になるんです。自分ってこういう声を出すんだとか、今まではやってこなかったスタイルでも歌えた!とか。その一方で、シンプルなラップだとか、ラテンのグルーヴやリズムの取り方に苦戦もしました。自分ひとりでやっていたら、好きなほうへ好きなほうへ、自分の好みを入れてラップしちゃってたと思うので、それはこのプロジェクトでやりたいことじゃないんですよね。
ーー楽曲について聞かせてください。タイトル曲の『MANZANA』はとてもセクシーな印象です。世界で活躍している海外のヒップホップや R&B アーティストの作品はセクシャルな要素と直結しているところが大いにありますが……。

(スタッフに)ねえ、セクシーだって!(笑)……この曲は、大人のヒップホップを意識して制作はしているので、そういうところもあると思いますね。

ーー世界標準、的なのかなと(笑)。ラテンの要素がふんだんですね。

いまのヒップホップのトレンドとしてラテンがあって、僕には大人のヒップホップというテーマがありました。Def Jam クルーと話すなかで、セクシーさのあるラテンの要素はテーマとマッチするんじゃないか、と。それで制作はラテン系、レゲトンのサウンドはマストだと進めていって、出会ったのが『MANZANA』なんです。聞いた瞬間、スタッフと「これはやばいね」って(笑)。マンザーナっていうのが耳につくんですよ、サビなんて耳にしたら離れない感じで!

ーーマンザーナ(りんご)というスペイン語の響きがいいですね。英語のアップルではちょっと違う。

最初思いますよね、マンザーナって何だって。僕らも分からないから調べました。デモタイトルのままなんですけど、マンザーナ、りんご。りんごって、なんかいいねって。

ーーこの曲はいろいろなアングルからチャレンジしていて、トガったアプローチをしていると思います。一転、ミュージックビデオでは一気に距離を詰めてくるというか、みんなで一緒に合わせて踊ろう!といった印象で人懐っこいですね。

りんごダンス(笑)。ええ、そこはマストでキャッチーにやりたいと。一回聞いたら鼻歌で歌っちゃうような曲ですし、カッコいいダンスでカッコいいまま終えるなんて、もったいないと思ったんです。そこで、コレオグラファーの MABU 君にお願いして、りんごをちぎっているようなダンスを持ってきてもらって。さらに唇にバツで禁断を表現する振りも加えたんです。正直、これは寒すぎるんじゃないか、キャッチー過ぎてこれはもう「ダサい」だろっていうのもあったりするんですけど、ここは思い切ってやってみよう、と。だから、聞いていただけたら一緒に踊っていただきたい…!

ーーところで、ご自身の公式サイトで、Def Jam は禁断の果実だったというようなコメントをされていますが、それはどういう意味なんでしょうか。

Def Jam は、僕にとっては触れられない触れてはいけない場所、聖域みたいな感じだったんですよ。多くのアーティストを輩出してきた名門。僕がこの看板を背負って活動することが気に入らない人もいるって思ってます。だけど Def Jam でチャレンジできるのは限られた人だと思うので、覚悟と責任を持ってやっていきたいと思います。

(聞き手 本紙・酒井紫野)
■直筆サイン入りチェキを2名にプレゼント
今回弊誌では、SWAYさんの直筆サイン入りチェキをゲット。2名限定のプレゼント企画を実施します。応募方法は下記の2ステップ。

<応募条件>
ステップ1:TOKYO HEADLINEのTwitterアカウントをフォロー
ステップ2:対象ツイートをRT
※既にフォローしているユーザーも対象

締め切りは10月31日(水)17時。当選者の方々にはTwitterのダイレクトメッセージでご連絡します。

左上:初回限定盤A、左下:初回限定盤B、右:通常盤
デビューシングル『MANZANA』 11 月1日(水)発売

SWAY がヒップホップの名門レーベル「Def Jam」という“禁断のりんご”をかじってリリースするソロデビューシングル。タイトルトラックのほか、「Lullaby」「La Vida Loca」「Acting Myself」の 4 曲を収録。トレンドのラテンテイストをふんだんに取り入れつつも、SWAY の唯一無二の存在感を発揮するとともに、新たな魅力にも触れられる作品だ。初回限定盤、初回限定盤 B、通常盤、そして FC・mobile 限定盤の 4 形態で発売。シングルの詳細とSWAYの最新情報は公式サイト で。

初回限定盤 A【CD+DVD】2200 円(税込)
*DVD にはタイトルトラックのミュージックビデオとそのメイキングを収録
初回限定盤 B【CD+動画ダウンロードカード】1800 円(税込)
*ダウンロードカードで視聴できるのはタイトルトラックおよびジャケットのメイキング映像
通常盤【CD】1200 円(税込)
FC・mobile 限定盤【CD+DVD、SWAY デザイン・フィンガーバンド】3420 円(税込)