東京五輪サッカー男子の森保新監督が会見。メダル奪取を誓う

会見の冒頭、硬い表情の森保新監督
選手の選考については「選手が埋もれて終わることがないように」

 2020年東京オリンピックのサッカー男子監督に就任した森保一氏の就任会見が10月30日、都内で開催された。

 森保監督は「自国開催である東京五輪で監督をするということは結果を求められると思うし重責だが、応援してくれる皆さんが喜んでもらえる結果を出せるように全身全霊をかけて五輪に向かいたい。選手はユースのころから多くの指導者に育てられてきた。さらにいい経験を積んでもらい、これまでの指導者、関係者の方々の努力が花咲くように。そして選手がさらに伸びて、みんなが喜んでくれるような結果を求めながら、成長の助けになるような仕事をしたい」などと挨拶した。そしてオリンピックでの目標については「自国開催で皆さんが望んでいるのは間違いなくメダル獲得だと思うので、メダルを獲得できるよう頑張っていきたい」と話した。目指すスタイルについては「やりたいサッカーはチームの組織力をもって、連携連動して攻守に絡むサッカーをしたい。もちろん個の成長を促すために個の部分に目をつぶってはいけないと思いますが、日本人のいい部分である攻守に連動連携したサッカーを目指したい」とした。

 また選手の選考については「オリンピックでプレーができる世代の選手であれば年齢関係なく、今までの実績も関係なく扉は開かれている。出たいと思っている選手はそこを目指して、夢を持ってひたむきに頑張ってほしい。選考については今まで関わってこられた各世代の監督、Jリーグ、大学、高校といういろいろなところから情報をもらいながら、選手が埋もれて終わることがなく、少しでも多くの選手に成長してもらえるようにしたい。この世代はこれからの2年半の期間の中で、今トップの選手でもいろいろと力関係が変わる年代だと思うので、より多くの選手を見ながら選手個人の力、チーム力を引き上げていきたい」と話した。
最後は笑顔で。西野技術委員長、森保新監督、田嶋幸三日本サッカー協会 会長 (左から)
五輪監督の“先輩”西野氏からはありがたいアドバイスが…

 会見に同席した西野朗技術委員長は、ブラジルを破ったアトランタ五輪で監督を務めた。その西野氏は「当時はオリンピック本戦に28年間出られたかったなかでの出場。Jリーグも始まったばかり。出るだけではなくてそこで成果を出したいと思い、協会にもいろいろな要求を出させてもらったし、JOCに対しても強い要望をたくさん出した。要望を出しすぎたとは思わないが、“サッカー界はプロができたからっていろいろなことを言ってくるな”と思われた。当時は本当に“この監督はちょっとおかしいんじゃないか”と散々言われた」などと当時を振り返り「要求はしないと世界では結果を残せないと思ったので、森保監督にもぜひそういう要求などをストレートに上げてほしい。その中で一緒にチームを束ねていきたい。予算のことは全部会長にお願いして(笑)」と先輩監督としてアドバイスを送った。

 チームは12月のタイ遠征から始動。来年1月には「AFC U-23アジア選手権」に出場する。