台東区初のシネコンも 上野フロンティアタワー開業で行列

 上野御徒町エリアの新ランマークとなる「上野フロンティアタワー」が4日、開業した。オープンを待つ人が早朝から行列を作り、約800人が15分早まったオープンとともに入店した。

 この施設は、本館に加え、地下1階に松坂屋上野店、1階から6階にPARCOの新展開「PARCO_ya(パルコヤ)」、7~10階は「TOHOシネマズ」、12~22階はオフィスで構成される複合商業施設。松坂屋上野店には地域の情報発信や物販・イベントなども行う「上野が、すき。ステーション」も季節される。

 店舗を核にしたエリアは「シタマチ.フロント」と名づけられ、新しい下町文化の創造と再活性化をリードする存在になることを目指す。



オープニングセレモニーでは、株式会社大丸松坂屋百貨店の好本達也代表取締役社長、株式会社パルコの牧山浩三代表執行役社長、TOHOシネマズ株式会社の瀬田一彦代表取締役社長がテープカットを行った。