Not yet



AKB48の超最強ユニットがデビュー





AKB48から超最強ユニットがデビューした。大島優子、北原里英、指原莉乃、横山由依からなる4人組「Not yet(ノット・イエット)」だ。プロデューサーの秋元康氏によれば「歌もダンスも“まだまだ”だけど、一生懸命に頑張る実物大の4人」がコンセプト。“Not yet(まだまだ)”な4人にインタビューした。





ph_feature0100.jpg





――最初にユニットのメンバーに選ばれたときの気持ちを教えてください。





大島優子(以下、大島)「最初は“え、ホントに?”って感じでしたね。ウソじゃないかって(笑)」





北原里英(以下、北原)「とまどいや不安だらけだったと思います、最初は。もちろん、いまはすごく楽しくやっていますけどね」





指原莉乃(以下、指原)「4人とも元々すごく仲が良いので、みんなで一緒にいるときは、楽しくて笑顔が絶えないユニットです」





――他のAKB48のメンバーの反応は?





横山由依(以下、横山)「“そんなに踊れると思わなかった”“がんばりが伝わった”って言ってもらえて。“もっとがんばろう”って前向きになれました」





――デビューシングル「週末Not Yet」が注目を集めています。聞いていると元気が出そうな曲ですね。





北原「そうなんです! 週末が楽しみになる、明るくてポジティブな一曲です」





横山「すごくポジティブな歌だと思うし、そこは私に似てるんじゃないかなって思いました(笑)」





大島「アップテンポでさわやかな恋愛ソングでもありますね」





指原「私はこの曲を、春から夏にかけて、自転車に乗りながら聴いてほしいです。坂をガーッと下りながら」





――その曲を最初に聴いた時、みなさんはどんな印象を持ったのですか。





大島「最初は歌詞も仮歌も入ってなくて、“どうなるんだろう?”って感じだったんですけど(笑)、アレンジがどんどん変わっていって“こうしてほしいな”って形に近づいていったんですよね。きっと、私たちのイメージに合わせて頂いたんじゃないかなって」





北原「すごい好きだし(曲を聴いて)“やっていけるな”って思いました」





指原「私はもともとアイドルソングが好きで、けっこう好みがはっきりしているんですけど、この曲はすぐに“すごくいい”ってバシっと来ましたね」





横山「明るくって、元気になれそうな曲だなと思いました」





――特にここが好きだ!という部分はありますか。





大島「歌いだしの『週末にキスをしようぜ!〜』っていうフレーズは、なかなか浮かばない発想だと思います(笑)。“世界中の恋人たちは/会えない時間に/愛を深める”っていう世界規模の歌詞があったり“週末”っていう身近な言葉があったり、おもしろいなって思いますね。全体的にすごくかわいらしい歌です」





――AKB48として歌う時と、ユニットを組んで歌う時の、違いや、楽しさ、難しさはありますか?





大島「ふつうは自分が歌うパートは歌に集中する事が多いんですけど、この「週末Not yet」は、AKB48の曲とはリズムの取り方も全然違うし、ずっと踊りっぱなしで歌うので、そこは難しかったですね」





――この曲を歌う時のアドバイスを





北原「ノリが大切だと思います」





指原「キーはアイドルの曲にしては低いほうなので、歌いやすいと思います」





横山「楽しく歌える曲だと思うので。盛り上がって歌ってほしいですね」













ph_feature0101.jpg





Debut Single 「週末Not yet」





[通常盤 Type-A]CD DVD、[通常盤 Type-B] CD DVD、 [通常盤 Type-C]CD 豪華歌詞カード型写真集が付いてくる。[Type-A] [Type-B]は1600円、[Type-C]は1200円。劇場版は1000円。詳細はウェブサイト(http://columbia.jp/notyet/)で。