東芝からレグザタブレット登場!液晶テレビ「レグザ」も操作可能



 東芝が6月下旬に10.1型LED液晶を搭載した「レグザタブレット AT300」を発売すると発表した。
 タブレットに最適な最新OS「Android 3.0」と高い処理性能を持つ「NVIDIA Tegra 2」を採用した高性能モデルとなっている。さらに、「レグザAppsコネクト」を搭載しているため、無線のタッチリモコンとして、液晶テレビ「レグザ」やブルーレイレコーダー「レグザブルーレイ」を直感的に操作できる。HDMIやSDカードスロット、USB2.0といった拡張性の優れた豊富なインターフェースを持ち、インターネット動画や書籍コンテンツを液晶テレビ「レグザ」に映し出せるのだ。
 画質はレグザの名前を冠しているようにコダワリ満点。液晶テレビ「レグザ」やノートPC「dynabook」で培った高画質技術をタブレットに最適化させ、低解像度の映像を高精細に表現する「レゾリューションプラス」や、太陽光の下でも見やすくなるよう周囲の明るさを検知して映像を自動調整する「アダプティブ ディスプレイ」を持つ。このため、外出先でも高精細な動画などが楽しめるのだ。
 音質にもコダワリ、スピーカーの音質を向上する「オーディオ エンハサー」、騒音の中でも聞き取りやすい音質に自動調整する「ノイズ エコライザー」、明瞭度の高い音声通話を実現する「SRS Premium Voice Pro」を搭載。電子書籍ソフト「ブックプレイスリーダー」と独自の音声合成技術を持つ読み上げソフト「東芝スピーチ シンセシス」で、購入した電子書籍を音声で楽しめる。



プラットフォーム:Android 3.0
画面:タッチパネル付き10.1型ワイドTFTカラーLED液晶(1280×800)
メモリ:16GBフラッシュメモリ
Webカメラ:前面(有効画素数約200万画素)×1/背面(有効画素数約500万画素)×1
サイズ:約177×273×15.8mm(予定値)
質量:約765g(予定値)
連続動作時間:最大約7時間(予定値)
通信:無線LAN(IEEE802.11b/g/n準拠)、Bluetooth
インターフェース:HDMI出力、USB2.0、miniUSB、ブリッジメディアスロット(SD、SDHC対応)、マイク入力/ヘッドホン出力