節水・省エネに強い味方 エコナビ搭載・パナソニック縦型洗濯機を発売

ph

スケルトン機で泡洗浄の説明をする斉藤氏。後ろのユニフォームは3工程の洗いで汚れをしっかり落とす「パワフルコース」で実際に洗われたもの。泥汚れがしっかり落ちている



 東日本大震災の影響もあり、節電・節水への意識が高まる中、4月15日にパナソニックはマスコミ向けに、節電アドバイスを兼ねた新製品勉強会を開催し、節水・省エネ機能をさらに向上させた同社の新しい縦型洗濯機「NA-FR80S5」「NA-FR70S5」の機能説明を行った(リリースは4月5日、発売日は5月15日)。
 同製品は、すすぎ時に低速/高速2種類の回転を行うことで(2ステップ循環すすぎ)、1回につき2リットルの節水を可能にした。また、エコナビを搭載し、衣類の量、汚れの程度に合わせた洗い、布質に合わせた乾燥を実現。洗濯から乾燥すべての工程で、無駄な時間・水量・電力を抑えることにも成功している。また、運転音も非常に低いうえ、スリムなデザインでコンパクトなために、1人暮らしから家族まで幅広いユーザーに需要の高い商品となりそうだ。


ph
 機能的にもうひとつ付け加えるべきは、同製品で設定された「泡洗浄」だ。洗濯に必要な水・機械力・洗剤という3つの要素に、あらたに「泡洗浄」という要素をプラスしたことにポイントがある。普通に洗濯しても洗剤さえあれば泡が立つが、泡洗浄では、低水位時に洗濯槽下部のスターリブでクリーミーな泡を作り、循環ジェットシャワーで衣類にキメの細かい泡をしっかり浸透させる。
 NA-FR80S5は洗濯8kg/乾燥4.5kg対応で実売価格は18万円前後、NA-FR70S5は洗濯7kg/乾燥4kg対応で、実売価格は17万円前後。


【関連記事】
パナソニックから“時短”+100レシピ 「3つ星ビストロ」NE-Rシリーズ発売
ずばりなネーミングで勝負! パナソニック「200℃スチーム銀シャリ竈炊き」新発売
主婦の希望をかなえた新製品 パナソニック紙パック式掃除機を発売