キーワードで読むニュース



キューバのカストロ氏が完全引退





 キューバの首都ハバナで13年半ぶりに開かれていたキューバ共産党の第6回党大会は19日、国家元首である国家評議会議長のラウル・カストロ氏(79)が、実兄のフィデル・カストロ前議長(84)の後を継いで、党トップの第1書記に第2書記から昇格することを決めた。フィデル氏は政界から正式に“完全引退”したことになるが、今後もキューバ革命の英雄として、影響力を維持するとみられる。








クレーン車突っ込み児童6人死亡





 18日午前7時45分ごろ、栃木県鹿沼市樅山町の国道293号で、登校中の小学生の列にクレーン車が突っ込んだ。市立北押原小学校の児童6人が病院に搬送されたが、男児5人と女児1人の6人全員が死亡した。県警鹿沼署は自動車運転過失傷害の現行犯で、クレーン車を運転していた同県日光市大沢町、運転手、柴田将人容疑者(26)を逮捕した。柴田容疑者は「居眠りをしてしまった」と供述。








福島原発事故収束へ工程表





 東京電力の勝俣恒久会長は17日、福島第1原子力発電所事故の収束に向けた工程表を発表し、1〜3号機の原子炉を安定的な「冷温停止状態」にするまで6〜9カ月程度かかるとの見通しを示した。工程表の目標は2段階で、放射線量が「着実な減少」になるまでに3カ月、その後「線量を大幅に抑える」までに、さらに3〜6カ月かかるとした。具体的な時期は未定ながら、勝俣会長は辞任の方向。








東北3県の地デジ完全移行延期





 総務省は20日、東日本大震災で被害を受けた岩手、宮城、福島の東北3県について、今年7月24日に予定していた地上デジタル放送への完全移行を、最大で1年間延期すると正式に発表した。津波で多数の地デジ受信設備が流失したことに加え、普及活動もほとんどストップ。中継局の被害は小さいが、集合住宅の共同受信設備や、戸建て住宅のアンテナや受信機が大量に損壊したという。