COMPLEX復活、7.30東京ドームでチャリティーライブ

ph


  吉川晃司と布袋寅泰による伝説のユニットCOMPLEX(コンプレックス)が復活、7月30日に東京ドームで、東日本大震災復興支援チャリティーライブ「日本一心」を開催することを4月28日に発表した。
  東日本大震災の被災地への支援はもちろん、被災地以外の人たちが、もっと元気になって支えていく事が必要だと考えた2人が、「その活力を与える力に今こそなれる」と信じて,復活を決断したという。
  吉川が自身のウェブサイトで発表したコメントによれば、エンターテイメントが力になれる機を伺うなかで、「被災を免れた人々とは、ともに復興を支える決意を交わせるような。被災者の皆さんへは援助を届けられる行為を。」と模索し、「いつかコンプレックスをやろうと話したこともあり、ならば今しかないだろうと布袋氏に打診」。同じように「震災後、ミュージシャンとして、そして一人の男として『自分に出来ることがあるならすべて行動にうつそう』と自分に誓った」という、布袋は「『やろうぜ!』と堅く握手を交わした」と、自身のブログで綴っている。
  ライブタイトルの「日本一心」は、書家の紫舟氏が地震のサイトで発表した作品で、多くの人たちが心を一つにすることができれば、必ず日本を何とかできるはずだという意志が込められた作品。自身も復興支援プロジェクト「多くの人たちが心をひとつに」を展開する紫舟が、志を同じくするCOMPLEXの2人に提供した。
  チケットは 一般発売は6月18日。料金は全席指定で7800円。3歳以上はチケットが必要になる。本公演の収益のすべては、復興復旧のために寄付する。問い合わせは、ディスクガレージ(03-5436-9600、平日12〜19時)まで。
  COMPLEXは1988年12月10日に結成。ロックとデジタルを融合させた楽曲で人気を集め、デビュー作『BE MY BABY』はオリコン1位を達成。1990年11月8日の東京ドームでのライブを最後に休止。活動期間はわずか2年弱だったが、その後の音楽シーンに多大な影響を与えた。