西野カナ「めっちゃ好きやに」。三重弁で故郷をPR

ph_web10.jpg




  東京ミッドタウンで、三重県のレストランフェア「愛してるって、いうために。三重の美味しいパワーフード」が開催、13日のオープニングセレモニーに、みえの国観光大使の西野カナが出席した。





  故郷の三重県が大好き過ぎて、3年前三重県知事に観光大使になりたいと直談判したという西野。三重県の魅力を聞かれると「松阪牛が有名ですが、そのほかにも海の幸、山の幸が豊富でおいしいものがたくさんあります。その中で私のオススメはひじき」とアピール。 





  また三重の女性の魅力を尋ねられると「方言です。言葉が丸いというか…。 “めっちゃ好きやに”って言います」と照れながら披露した。





  同イベントは22日まで開催され、ミッドタウン内のレストラン13軒で三重県の食材を使ったメニューを提供するほか、プレミアムショップが期間限定でオープン。三重県の自然、伝統、そして豊かな食が堪能できる。