キーワードで読むニュース



36歳、最年少の女性市長誕生





 任期満了に伴う大津市長選が22日投開票され、無所属新人で弁護士の越直美氏(36)=民主、社民推薦=が、現職で3選を目指した目片信氏(70)=自民、公明推薦=と新人で医師の東昌子氏(49)=共産推薦=の無所属2人を破り、初当選を決めた。兵庫県尼崎市の稲村和美市長を抜いて、歴代最年少の女性市長。








センター再試験でも不手際





 大学入試センター試験の地理歴史と公民で配布ミスが相次いだ問題を受けた再試験が21日、実施され、東京国際大で、再試験の意思確認が不十分だった男子受験生1人が受験を拒否され、いったん帰された後、一転して受験が認められるトラブルがあった。受験生は3時間45分遅れで再試験を受けた。








オバマ米大統領が一般教書演説





 オバマ米大統領は24日、一般教書演説を行い、「太平洋国家」としての米国を改めて強調し、アジア重視政策を鮮明にした。輸出増大や雇用創出の実現、イランや北朝鮮の核開発封じ込めにもアジア諸国との連携は不可欠。また今後も米国が国際情勢にリーダーシップを発揮していく方針を強調した。








定昇維持が春闘最大の焦点に





 平成24年の春闘交渉が25日、経団連の米倉弘昌会長と連合の古賀伸明会長による労使のトップ会談で本格的にスタートした。連合は給与総額の1%の引き上げを要求する一方、経団連は賃金水準を引き上げるベースアップ(ベア)は「論外」とし、定期昇給(定昇)の凍結・延期にも言及している。








トヨタが世界販売3位転落





 トヨタ自動車は25日、ダイハツ工業と日野自動車を含む昨年1年間のグループ世界販売が、前年比5.5%減の795万台になったと発表した。この結果、トヨタは販売台数で首位から3位に転落し、米ゼネラル・モーターズが4年ぶりの首位、初めて800万台を超えた独フォルクスワーゲンが2位に浮上した。