ナイロン100℃『百年の秘密』





ph_stage0100.jpg



 劇団への書き下ろしは一昨年の『2番目、或いは3番目』以来となるKERAの新作。

 今回は2人の女性の半生を描く物語。この2人は青春時代に出会い、友人関係を築く。とは言っても、ずっと一緒にいるわけではなく、人生の局面で幾度か再会しては、やがて別々に死んでいく。この2人は決して「親友」というわけではない。でも2人の関係は複雑でデリケート。そんな2人の間の秘密と2人を取り巻く秘密を軸に物語は展開される。

 KERAは「生涯に渡り続く友情」なんていうものはもはやロマンの領域ではないかと言う。そして「女性同士に真の友情など成立しえないとは言わないが、しっくりこない」とも。

 ということで、男性同士だとそんな「友情物語」になってしまいそうなところを女性同士にすることで、「友情」なんていう言葉では語り尽くせない複雑でデリケートな関係を描くことを可能にした。

 ナンセンスコメディーという枠を越え、さまざまな作品を発表し続けるKERA。今回はそんななかでもシリアス度とシニカル度が高めの作品となる。





【日時】4月22日(日) ~5月20日(日)(開演は平日19時、土13時/18時、日祝14時。26・29・3・7・14日休演。※25日(水)は14時開演のみ。9日(水)と16日(水)は14時の回あり。開場は開演30分前。当日券は開演1時間前から発売) 【会場】本多劇場(下北沢) 【料金】全席指定 前売・当日共6900円/学生割引券:4300円(前売りのみ。チケットぴあのみ) 【問い合わせ】キューブ(TEL:03-5485-8886=平日12~18時 〔劇団HP〕http://www.sillywalk.com/nylon/) 【作・演出】ケラリーノ・サンドロヴィッチ 【出演】犬山イヌコ、峯村リエ、みのすけ、大倉孝二、松永玲子、村岡希美、長田奈麻、廣川三憲、安澤千草、藤田秀世/水野小論、猪俣三四郎、小園茉奈、木乃江祐希、伊与勢我無/萩原聖人、近藤フク、田島ゆみか、山西 惇