キーワードで読むニュース -TOKYO HEADLINE-

大飯原発現地調査団に渡辺氏ら

 原子力規制委員会は17日、定例会を開き、敷地内を通る断層が活断層である可能性が指摘されている関西電力大飯原発(福井県)への現地調査団に、全国の原発の破砕帯の危険性やこれまでの調査の不備を指摘している渡辺満久東洋大教授らを起用することを決めた。調査は来月2日に実施される。




22年参院選も違憲状態

 平成22年7月の参院選で最大5倍の「一票の格差」が生じたのは憲法違反として、2つの弁護士グループが選挙無効を求めた計17訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷は17日、「著しい不平等状態に至っていた」として、選挙は「違憲状態」だったと判断した。その上で選挙制度の抜本改正を求めた。




PC遠隔操作「犯行声明」メール

 遠隔操作ウイルスに感染したパソコンなどから犯行予告・脅迫のメールや書き込みが繰り返されている事件で、TBSやテレビコメンテーターとして知られる落合洋司弁護士に「真犯人」を名乗って犯行内容を詳述するメールが送付されていたことが15日、分かった。警視庁捜査1課は「犯行声明」と判断。




EUにノーベル平和賞

 ノーベル賞委員会は12日、2012年のノーベル平和賞を、第二次大戦後、長期にわたり欧州大陸の平和を維持し、欧州の統合で歴史的役割を果たした欧州連合(EU)に授与すると発表した。授賞理由について、「EUは欧州を戦争の大陸から平和の大陸に変革させる重要な役割を果たした」と説明した。




米兵暴行で政府再発防止要請へ

 政府は17日、沖縄県での米兵による女性暴行事件について米側に再発防止を求めていく方針を強調した。上京中だった沖縄県の仲井真弘多知事は「もはや正気の沙汰ではないという印象だ」と述べた。ルース駐日米大使は「申し訳なかった」と謝罪した上で「重く受け止め、捜査に全面協力する」と語った。