癒しの詩画を多数展示

 手足の自由を失いながら、口に筆をくわえて草花を題材に詩画に取り組む作家・星野富弘の展覧会「「星野富弘 花の詩画展inお茶の水」〜いのちより大切なもの〜」が開催。初公開となる11作品をはじめ、独特の世界観で創作された詩画のべ約100点(前期約70点、後期約70点)を展示する。
【会期】前期:11月2日(金)〜12月30日(日)、後期:2013年1月4日(金)〜3月2日(土)【開催時間】月〜土曜・祝11〜19時/日曜12〜19時(いずれも最終入場は18時30分)【会場】お茶の水クリスチャンセンター【入場料】大人(高校生以上)500円、中学生以下無料※障がい者と要介護認定者は手帳を見せれば介助者1人を含み無料【問い合わせ】TEL:03-5341-6911