STAGE これぞ”演出の妙”。短篇集のつもりで見ていると…

イキウメ『The Library of Life まとめ*図書館的人生(上)』
 主宰の前川知大は今春、「第63回読売演劇大賞」で、大賞と最優秀演出家賞を受賞した。読売演劇大賞といえば、その規模や歴史、過去の受賞者で判断する限り、演劇界の数ある賞の中でも今や最高峰にあるといっても過言ではない。

 これまでは “リアリティーのあるSF”といった感じの、その特異な物語性や設定で、前川の作家としての評価に目が行きがちだったのだが、改めて演出、俳優を含めて、10年間イキウメがやってきたことが高く評価されたうえでの受賞だった。

 今回は短篇のセレクションという形で2006年から始まり、これまで3作が上演されている『図書館的人生』からの選り抜きを「まとめ」として上演する。各々独立している短篇ながら、最終的には“図書館的人生”というコンセプトのもと「あれっ?」という感じで、最後にはあたかも一つの長篇だったかのように収まっていく不思議な作品。

 前回公演では演出を小川絵梨子に委ねていたので、前川としては1年ぶりの演出。その“演出の妙”を感じるには最適な作品なのかもしれない。
【日時】11月16日(金)〜 12月2日(日)(開演は平日19時、土13時/18時、日13時。※23日は13時/18時開演。28日(水)は14時の回あり。月曜休演。開場は開演30分前。当日券は開演の1時間前)【会場】東京芸術劇場 シアターイースト(池袋)【料金】全席指定 前売4200 円/当日4400円【問い合わせ】イキウメ(TEL:03-3715-0940 〔HP〕http://www.ikiume.jp/)【作・演出】前川知大【出演】浜田信也、盛隆二、岩本幸子、伊勢佳世、森下創、大窪人衛、加茂杏子、安井順平/菊池明明、西山聖了