次世代へつないでいきたい、未来への想いと願い。

国民的グループであるEXILEが、2013年初のシングルを4月3日にリリースする。『EXILE PRIDE〜こんな世界を愛するため〜』と題された本作は、まもなくスタートするツアー・テーマソングになっている。本作について、またツアーへの意気込みをATSUSHIとTAKAHIROに聞いた。(インタビュー・桜井麻美 / 構成・本紙 酒井紫野)
——2013年、EXILEは“EXILE PRIDE”という大テーマを掲げスタートしました。
TAKAHIRO「今年のみならず“EXILE PRIDE”というものは、今までもそうですし、これからもそうですけれど、EXILEやEXILE TRIBEに属する全員が、各々の想いで各自が持っているものだと思います。その“EXILE PRIDE”を、2013年という特別な年にあえて一斉に掲げることで、またみんなの想いが一つになり、1年をとおしてEXILE PRIDEという想いを表現して、来年へとつなげていく。これまで活動してきたことを誇りにしながらも、次のステージを見据えていく……そういうキッカケになる年になると思います」

——そして、その大テーマが楽曲タイトルにもなっているシングル『EXILE PRIDE〜こんな世界を愛するため〜』が、4月3日にリリースされます。
ATSUSHI「この曲は、2〜3年ほど前に、僕の2回目のソロライヴでプレーしてくれていた、ニューヨークにいるPHEKOOという友人が“もし機会があったら、使ってみてほしい”と、EXILEのために書いてくれた曲です。昨年HIROさんから“2013年は1年をとおしてEXILE PRIDEというテーマを掲げて、そのテーマでツアーをやっていくから、シングルにもEXILE PRIDEのイメージに合った楽曲を探してみてほしい”と相談を受けて、いろいろと曲を探していたんですけれど、ある日移動中の車のなかで音楽を聴いているときに、久しぶりにこの曲がかかって……。“この曲、HIROさんがおっしゃっていたイメージを具現化できるかもしれない”と感じたんです。そう感じた瞬間から、歌詞のイメージがどんどん湧いてきて、止まらなかったんです。来るべきときが来て、こうして形になった楽曲。曲にはその曲なりのタイミングや巡り合わせがあるんだなぁと、すごく感じました」

—— サブタイトルがついている楽曲も、EXILEとしてはめずらしいですよね。
ATSUSHI「EXILE PRIDEだけだと、どうしても僕らのひとりよがりだけの曲のように見えてしまうんじゃないか、と感じたんです。やっぱり、現代はすごく問題が多い世の中ですし、“PRIDEを持つ”ということは結果、この世界を愛するために、次の世代に向けて明るい未来を創っていくためにPRIDEを持つんだという想いを込めてつけました」

——スピード感と力強さがすごく感じられる曲調が印象的な作品ですね。
TAKAHIRO「メロディーは4つ打ちなんですけれど、4つ打ちって結構ハッピーな気分になる楽曲が多いというか……。でもこの曲は、明るさのなかにも無骨さと土臭さを感じられるような、そういう力強さも感じられる楽曲。2013年のEXILEを象徴するような……今年のEXILEの幕開けにふさわしい楽曲だと思います」

——歌い方もすごくパワーに満ちあふれていて、力強い印象を受けました。
ATSUSHI「そうかもしれない。“先人たちの想い”といった、少しめずらしいフレーズもあったりしますし、サビの“昨日までの時を超えて 繋がるはずの想い……”という部分は特に強いのかもしれません。これまでさまざまな人たちが、平和を願って歌を作ったり歌ったり、明るい未来を願って音楽に携わってきたり、もちろん音楽だけに限らず、武道をやってきたり、社会活動をしてきたり……と、明るい希望に満ちあふれた未来を願って活動されてきた人がたくさんいると思います。過去からその想いを今日までつないで想い続けている人も、僕やEXILEを含めたくさんいると思う。災害や貧困、犯罪、戦争など悲しい現実も多くて、悲しい想いやつらい想いをしている方がまだまだたくさんいらっしゃる世界だと思うので、この想いがこれからもきちんとつながり続けて、早く現実化してほしいと願っています」

——さて、4月16日の京セラドーム大阪を皮切りに、EXILEドームツアー『EXILE LIVE TOUR 2013 “EXILE PRIDE”』がスタートします。
TAKAHIRO「EXILE単体でのツアーは約2年ぶりになります。本当に久しぶりなので、EXILEをより濃く堪能していただけるツアーになると思います。個人的にも今までとは違った気合が入っています。すごく楽しみですね」
ATSUSHI「2013年はEXILEにとって節目の年になるので、もちろん毎年そうなんですけれど、今年は特に集大成的な……EXILEの12年の歴史を感じていただけるようなツアーになると思います。自分でも曲順を見ただけでワクワクするくらい、すごく盛り上がるライヴになるんじゃないかな、と感じています」




EXILE ATSUSHIソロツアー『EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE〜命をうたう〜』がDVD化
“心が入っていないと形にならないものだからこそ、
音楽に対して自分を真摯に向き合わせてくれる”——ATSUSHI



——昨年のソロツアーを経て、どのような変化がありましたか?
「具体的なソロ活動は、1枚目のDVDから数えると4年目になるんですが、4年目にしてやっと、ソロとして活動するうえでの一つのテーマが見えてきたような気がしています。今までは“EXILEのヴォーカルATSUSHI”と、“EXILE ATSUSHIソロ”が重なってしまっている部分があり、その点が自分自身のなかでもどかしいような……少し心地悪いように感じていたことがありました。それが、やっと今回のソロツアーを経て明確になりました。それぞれにそれぞれの使命と意味を持たせてあげられるようになったんです。どちらにも明確な意味があるからこそ、両方やる意味があると思えるようになりました。老若男女に愛される、日本の心を歌っていく。これが今回のソロツアーを経て、EXILE ATSUSHIソロとして見えてきた方向性です」

——EXILE ATSUSHI ソロとして回られたのはホール。回られてみて、気づいたことや感じたことはありますか?
「ファンの皆さんに、ありのままの、素の自分を受け入れていただけていると感じることができました。2月に開催させていただいた、シングル『MELROSE〜愛さない約束〜』の購入者特典ライヴのときも同じことを感じたんですけれど、ありのままの自分で話したり、たとえ予定調和ではなくてもそのときのハプニングでさえも楽しめてしまえるくらい、ファンの皆さんの温かさを改めて実感したんです。それが歌への自信にもつながりました。心地良い緊張感はありつつもリラックスして臨めて、何より音楽をやっていることがすごく楽しかったということがいちばんの糧ですね」

——DVDの見どころは?
「やっぱり、童謡コーナーや、弾き語りを含めた“日本の心をうたう”部分。さらに『Bloom』が初収録されているのも見どころです。ゲストも含めて盛り上がるテイストもあったり……。今までのATSUSHIも見られて、New ATSUSHIも見られて、サプライズもある……そのあたりが見どころですかね」
NULL
NEW SINGLE『EXILE PRIDE〜こんな世界を愛するため〜』
 久しぶりの単独ツアーにかける意気込みを象徴するかのようなアグレッシブなサウンドが印象的なナンバー。EXILEである誇りと、EXILEへの想いを胸にATSUSHIがリリックを書き下ろしている。[SG+DVD]盤のDVDにはビデオクリップを収録。rhythm zoneより4月3日(水)発売。[SG+DVD]盤1575円、[SG]盤840円(ともに税込)
NULL
LIVE DVD『EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE〜命をうたう〜』
2012年秋に開催されたソロツアーでの模様を映像化したライブDVD。『MELROSE〜愛さない約束〜』など「ソロとしての方向性が見えてきた」と語るEXILE ATSUSHIが豪華バンドのサウンドに乗せて届ける珠玉の楽曲の数々を収録。ツアードキュメントやインタビューも収録。rhythm zoneより4月3日(水)発売。3990円(税込)。