「TOKYO 2020」までの道のりその2

チーム日本でつかんだ東京五輪
 2013年を迎えて、招致活動はラストスパートに入った。3月4〜7日にIOC評価委員会による視察を控えて、競技会場を中心に準備が行われ、都内には五輪を熱望する雰囲気が盛り上がってきた。オリンピアンら招致アンバサダーは積極的にイベントに登場し、多くの人を巻き込んで、東京招致の機運は高まっていった。
駒沢オリンピック公園で約2000人が歓喜の声!

 7日の夜から8日の朝にかけて、都内では各所で2020年夏季五輪開催都市決定の瞬間を待った。

 駒沢オリンピック公園総合運動場のパブリックビューイングには約2000人の観客が訪れた。午後10時30分の東京のプレゼンテーションが始まるとその模様を固唾をのんで見守る。その後は中川翔子のライブ、アスリートによるトークショーなどで明け方の投票を待った。

 1回目の投票では、まずマドリードとイスタンブールのアナウンスがあったことから一瞬「東京が落選?」という空気が流れ、会場は暗いムードに包まれたのだが、東京が1位通過ということが分かるや、皆ホッと胸をなでおろした。
 そして午前5時の決選投票の発表。祈るようにPVを見つめる観客の前に「TOKYO 2020」の文字が映されると会場中に割れんばかりの歓声があがった。
招致の実現を願い、芝・増上寺でキャンドルナイト

 7月28日〜8月21日の期間に、2020人のランナーが東京タワー周辺の1.2キロと外階段600段を上り、大展望台内タワー大神宮で東京招致を祈願するという「“2020度参り”チャレンジラン」が開催された。

 そのランナーたちが東京招致に向けたメッセージをしたためた2020個のキャンドルで芝公園の大本山 増上寺の正面階段に「We believe TOKYO 2020」のキャンドルアートを描く、「“2020の願い”キャンドルナイト〜We believe TOKYO 2020〜」が開催都市決定まであと2日と迫った5日に開催された。

 ゲストには俳優の別所哲也とモデルの長谷川理恵が登場しトークショーを開催。

 別所は「日本がひとつになっていろいろアピールしてきた集大成。東京に来ると信じています。開催されれば、世界中から来るお客さんに東京の魅力を発信できると思います」、長谷川は「いよいよって気持ちです。7年後は、10か月の息子と一緒に見れたらいいなと思います」と、それぞれ、オリンピック・パラリンピック開催への思いを語った。
 そして2人もキャンドルにメッセージをしたためる。

 別所は「感動と笑顔にあふれるオリンピックを!TOKYO 2020」、長谷川は「2020 東京 心をひとつに スポーツのチカラよ!」。その2つのキャンドルを置いてキャンドルアートは完成した。
NULL
ランナーたちが2020度参り
 開催都市決定まであと2カ月となった7月8日にキックオフしたのが、お百度参りならぬ“2020度参り”チャレンジランだ。東京タワー周辺のランニングコースを走った後、東京タワーの外階段600段を上って大展望台にある、タワー大神宮に東京招致の実現を祈願するというもので、2020年にちなんで2020人が参加した。初日には、タレントの水沢アリーと元競泳選手でスポーツキャスターの宮下純一(北京五輪男子400mメドレーリレー銅メダリスト)が33人の一般ランナーとともに最初の挑戦者として参加した。


東京五輪をランニングで熱望

 開催都市決定の100日前の5月30日に行われたのが「2020東京五輪熱望ランニングイベント」。イベントタイトル通り、東京招致を祈願して、東京タワー周辺を走るというものだ。当日は小雨が降るあいにくの天気だったにも関わらず、約150人の一般ランナーが参加し、マラソンランナーの千葉真子とともに、東京タワーをいろいろな角度から眺めながら、1.2kmのコースをランニングした。イベントには、EXILEのTETSUYA、タレントの増田有華、東京タワーアンバサダーでヴァイオリニストのMeiも登場した。


IOC委員を「お・も・て・な・し」

 IOC評価委員会が3月4〜7日まで、視察のために来日。東京での五輪開催のメリットについてプレゼンテーションが行われたほか、選手村をはじめ、有明や国立競技場など競技会場を訪れた。各会場には招致アンバサダーや若手アスリートがアテンドしたほか、猪瀬都知事がテニスや卓球のデモンストレーションを行うなど、最大限の「おもてなし」で東京での五輪開催をPR。さらには、子供たちや近い将来五輪出場を目指す若いアスリートたちも参加し、人文字を作ったり、さまざまな方法で委員を歓迎した。
2020年夏季五輪招致決定までの道のり

2011年6月17日
石原都知事が所信表明で2020年夏季オリンピック・パラリンピックの招致を目指す意向を表明
9月15日
「東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会」設立。水野正人氏の招致委員会副理事長/専務理事就任とともに弊社代表・一木が事業・広報アドバイザーに就任
11月28日
招致委員会第1回評議会開催
11月30日
招致委員会が招致ロゴを発表

2012年1月23日
意識調査で全国の65.7%が東京開催支持を表明
2月1日
女子バレーボールの金メダリスト荒木田裕子氏がスポーツディレクターに就任
2月13日
招致委員会が申請ファイルを国際オリンピック委員会(IOC)に提出
2月26日
「東京マラソン2012」に3万6000人が参加
3月29日
EXILEが2020 年オリンピック・パラリンピック日本招致活動を応援
4月2日
招致委員会が特定非営利活動法人
4月15日
国内オリンピック委員会連合(ANOC)総会でプレゼンテーション
4月18日
JOCがロンドンオリンピックに向け「1億2500万人の大応援団」プロジェクト発表
4月26日
開催都市決定まであと500日。渋谷ヒカリエで記念イベント開催
5月24日
東京が2020年オリンピック・パラリンピック競技大会立候補都市に選定
5月29日
招致エンブレムとスローガン
5月29日
招致委員会が招致エンブレムと国内向けスローガン「今、ニッポンにはこの夢の力が必要だ。」を発表
7月19日
国際スローガン「“Discover Tomorrow”〜未来(あした)をつかもう〜」発表
7月26日
ロンドンオリンピックJOCジャパンハウスオープン
8月20日
銀座でロンドンオリンピック日本代表選手団がパレード。50万人の大観衆
8月30日
ロンドンパラリンピック開幕
9月7日
「開催都市決定1年前記念イベント」開催
10月5日
東京都栄誉賞・都民スポーツ大賞公開表彰式に多数のメダリストが出席
11月11日
「開催都市決定300日前記念週間」スタート
11月14日
招致公式応援グッズ発売開始
12月21日
グリーとヤフーがオフィシャルパートナーに。新規国内プロモーション「楽しい公約プロジェクト」発表
12月21日
独自調査で支持率微減66%

2013年1月7日
IOCに立候補ファイルを提出
2013年1月08日
国際パラリンピック委員会(IPC)に立候補ファイルを提出
1月10日
招致委員会がロンドンで記者会見
1月30日
独自調査で支持率73%に
2月19日
「開催都市決定200日前記念イベント」開催
2月24日
「東京マラソン2013」に3万6676人が参加
3月4日
IOC 評価委員会による現地視察開始(7日まで)
3月5日
IOCの支持率調査結果。東京70%/全国(東京以外)67%
3月26日
独自調査で支持率77%に
4月5日
ドラえもんが招致スペシャルアンバサダーに就任
5月30日
ロシア・サンクトペテルブルクで開催された「スポーツアコード会議」でプレゼンテーション
5月30日
「開催都市決定100日前記念イベント」開催
6月16日
ANOC総会でプレゼンテーション
8月23日
IOC 総会へ向けての記者会見と招致出陣式
8月26日
東京スカイツリー特別ライティング&点灯式(24日〜9月7日まで)
8月27日
羽田空港で「〜ぼくらと空港が、夢をつなぐ〜 オリンピック・パラリンピックを日本で!」を開催
8月30日
招致応援ビデオを公開
9月8日(現地時間7日)
東京の2020年夏季オリンピック・パラリンピックの開催決定