ラジオで日本を元気にする番組 『JAPAN MOVE UP supported by TOKYO HEADLINE』

第23回9.7OA 
押切もえさん(ファッションモデル・タレント)


8月に小説家デビュー

 今回のゲストはファッションモデルでタレントの押切もえさん。

 8月に処女小説『浅き夢見し』を発表。小説家デビューを果たした。現役モデルで初の小説家となる。
「日ごろ妄想や空想するのが好きなんですが、それがこんなに役に立つとは思わなかった」と振り返る。
 主人公がモデルとあって、ついつい本人のことを書いているの?と思われがちだが。

「よく聞かれるんですが、自分がモデルというわけではないんです。そうだったらただの暴露本になってしまうじゃないですか」とのこと。

 そして話は普段の生活へ。平凡な生活を送っているという押切さん。スニーカーで自転車に乗っていることもあるという。やっぱり「普通が一番」とのことでした。



第24回9.14 OA 
仁志敏久さん(元プロ野球選手・スポーツキャスター)


来春からともに大学院生

 巨人で活躍後、横浜への移籍やメジャー挑戦を経て、現在は野球解説者でおなじみの仁志敏久さん。

 来春から筑波大学大学院に進むことが決まっている仁志さん。まずは月1レギュラーパーソナリティーの工藤公康さんから「おめでとうございます」と祝福をうけ、仁志さんは将来の夢だという「野球界の統一」について熱く語った。

 工藤さんも同大学に“同級生”として入学が決まっており、話題は試験日の待合室での話へ。仁志さんは、後方に座っていたという工藤さんについて「全然気づかなかったです(笑)」と驚きながらも軽快なトークを展開。

 また、互いに面識がないころに、工藤さんが仁志さんからヒットを打たれた時のエピソードも飛び出し、「すごいの入ってきたなと思った」と当時を振り返った。
9月21日はAAA(アーティスト)から日高光啓さん、伊藤千晃さんが出演

 西島隆弘、宇野実彩子、浦田直也、日高光啓、與真司郎、末吉秀太、伊藤千晃の男女7人からなる、パフォーマンスグループ。

 デビュー年である2005年に『BLOOD on FIRE』で第47回レコード大賞最優秀新人賞を受賞。その後の活躍も目覚しく、『MIRAGE』やGReeeeNが楽曲提供した『虹』などヒット曲を世に送り出していく。2010年には小室哲哉が作曲を手がけた『逢いたい理由』で紅白歌合戦に白組で初出場を果たす。

 ソロでも俳優業やプロデュース業にも活動の幅を広げ、日高さんは『SKY-HI』名義でラッパーとして活動。伊藤さんはつけまつげのプロデュースをするなどしている。オリンピック・パラリンピックの東京招致のときには、VTRで応援メッセージを送るなどして貢献。

 4日には最新シングル『恋音と雨空』をリリース。現在は全国ツアーの真っ最中で、AAAの由来である“Attack All Around(すべてのことに挑戦していく)”にふさわしい活躍ぶりを見せている。


60028.jpg