『ある愛へと続く旅』試写会に15組30名 

【日時】10月29日(火) 19時〜【会場】なかのZERO小ホール(中野)
 ペネロペ・クルスが、女子大生時代から高校生の息子と向き合う母親まで、女性としての長い年月を見事に演じ切った、感動の愛の物語。本作では、ペネロペが老けメイクでの演技にも挑んでいることにも注目だ。

 サラエボで出会った瞬間に恋に落ちた、ジェンマとディエゴ。2人は結婚するが子供を持つという願いが叶わず、1992年のサラエボ包囲のさなかに、代理母候補を見つけ息子・ピエトロを授かる。ほどなくジェンマとピエトロは戦火の街を逃れるが、ディエゴはその地で命を落としてしまう。時が経ち、過去の思い出をたどるジェンマは、思いもよらぬディエゴの真実と愛をを知ることになる…。

 監督は『赤いアモーレ』以来、ペネロペとの2度目のタッグを組むセルジオ・カステリット。ディエゴ役には『イントゥ・ザ・ワイルド』の美形俳優、エミール・ハーシュが扮する。

 11月1日(金)よりTOHO シネマズ シャンテ他にて公開。




『ある愛へと続く旅』試写会に15組30名