嵐・相葉がベストジーニスト殿堂入り「ジーンズのために生きていく」

20131002cc.JPG


 今年、最もジーンズが似合う有名人を選ぶ「ベストジーニスト 2013」の発表会が2日、都内で開かれ、嵐の相葉雅紀とローラが受賞した。相葉は3年連続3回目の授賞で、永久ベストジーニストの殿堂入り。相葉は「歴史があり諸先輩方も受賞している賞を、3回連続で、30周年記念(の回)で、30歳で獲れてうれしいです。これまでラッキーナンバーはなかったですけど、これからは30にします!」と、喜んだ。


 1回目はビンテージのジーンズ、2回目はデザインコンシャスなものを着用した相葉が今年選んだのは、ジャストフィットなシンプルなデニム。トップはブラックのレザージャケットに白いTシャツ、足元は「黒だと重くなるかなと思って」と明るい茶色の靴を合わせた。ローラはコーディネートを褒めつつも「……ん~、でもTシャツがシワシワ!あはっ!」と、いつもの調子。相葉は「……アイロンかけてきます」と、タジタジだった。


 相葉は今回の授賞で殿堂入り。今後については「ジーンズのために生きていきたい。ジーンズに恩返しをしたい」と語ったが、具体的にどうするのかと問われると、「メンタル的なことで表に出ないとおもいますが……ジーンズスピリッツで!」と、気合だけは入っていた。


 同賞は、ウェブとはがきによる一般からの投票で決定する一般選出部門と、協議会による協議会選出部門を軸に6部門が設定されている。受賞者は以下の通り。


<一般選出部門>

男性部門:相葉雅紀 女性部門:ローラ

<協議会選出部門>

LiLiCo

<協議会選出部門 国際部門>

少女時代

<協議会選出部門 グローバル特別敢闘賞>

プロサッカー 香川真司選手

<協議会選出部門 特別賞>

渡辺謙

<一般新人部門>

グランプリ:志摩マキ 準グランプリ:小島未早希 アーティスト賞:竹内聖実