『武士の献立』”良妻”上戸彩が”夫”高良健吾とおもてなし

20131024aa.jpg

 第26回東京国際映画際の特別招待作品『武士の献立』ジャパンプレミアイベントが23日、六本木ヒルズアリーナにて行われ、主演の上戸彩と高良健吾、朝原雄三監督が登場した。


 本作は、江戸時代に刀ではなく"包丁"で動乱の世を生き抜いた、実在した"包丁侍"の家族の物語。


 料理の腕で夫を支える主人公・春を演じた上戸は「食べる事が好きなこともあって、どんどん作品にのめり込んでいきました。時代劇で、男性が女性を引っ張るような描き方は今までになかったので、その点でもひかれましたね」と振り返り、包丁侍として奮闘する夫・舟木安信を演じた高良は「その時代の男と女の目線は意識していましたが、相手を思う気持ちは昔も今も変わらないと思います。監督も"時代劇だけど現代劇"とおっしゃっていたので今っぽいところも出せるようにしました」と語った。


 また、この日はゲストから観客に、縁起物として小袋に入った紅白の米(赤米ともち米)をプレゼント。最後には2人の「武士の献立!」という掛け声に観客が「いただきます!」と箸を持つポーズで答え、盛大な拍手でイベントの幕を閉じた。

『武士の献立』は12月14日より全国公開。